文字サイズ

    ススキノで連続ひったくり

    ◆半径500メートルで3件、同一犯か

     札幌市中央区のススキノ周辺で20日未明から早朝にかけ、半径約500メートルの範囲でひったくり事件が3件相次いだ。いずれも身長約1メートル65~1メートル70の若い男が、徒歩で1人で帰宅中の女性に後ろから歩いて近づき、バッグなどを奪おうとする手口で、札幌中央署は同一犯による連続犯行の疑いがあるとみて捜査している。

     発表によると、20日午前2時45分頃、同区南2西6の路上で、徒歩で帰宅中だった派遣社員(33)が現金約2万円が入ったポーチをひったくられた。約1時間後、同区南3西9の路上で、看護師(30)がバッグをひったくられそうになったが、抵抗したため、男は何も取らずに逃走。さらに約2時間後には同区南8西6の路上で、アルバイトの女性(26)が現金約2000円が入ったバッグをひったくられた。女性3人にけがはなかった。

    2017年03月21日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ