文字サイズ

    千歳基地で日米訓練…23~27日

    三沢基地のF16も参加

     防衛省北海道防衛局は13日、航空自衛隊千歳基地(千歳市)で23~27日、在日米軍と航空自衛隊の共同訓練を行うと明らかにした。米軍のF16戦闘機や空自のF15戦闘機が、日本海や太平洋上空で模擬戦闘訓練を行う。F16の燃料タンクが2月に青森県で投棄される問題が起きてから、F16の道内訓練は初めて。

     同局が13日の会合で、道や千歳市、苫小牧市など周辺自治体に訓練計画を説明した。千歳基地での共同訓練は2008年に始まり、16年12月に続いて9回目。今回は米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16が6機程度と、千歳基地のF15が4機程度参加する。

     三沢基地所属のF16は今年2月、離陸直後にエンジン火災が起き、近くの小川原湖に燃料タンクが投棄された。詳しい出火原因は明らかになっていない。

     今回の共同訓練は早朝と深夜を除き、積丹半島西方の日本海と日高地方南方の太平洋で行われる。この日の会合は非公開で行われ、道などの担当者から住民の安全確保を求める声があったという。

     同局の辻吉巳・企画部長は「さらなる安全確保と米軍人の規律の確保について米軍に申し入れ、情報提供に努める」と話した。

    2018年04月14日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    大学入試情報