文字サイズ

    つり情報 石川

    ★金沢 岸からの投げ釣りで、12~18センチのハゼが20~40匹、10センチ弱の小アジが10~30匹狙える。20~30センチのイシガレイがポツポツ。荒天が続くが、波が穏やかで船が出せるときは、ハチメが20匹前後、ヒラメやフクラギ、ガンドが2~3匹期待できる。(ファミリーフィッシング・ポパイ)

     

    ★輪島 岸からはルアーで60~70センチのスズキが釣れていて、ヒラメやクロダイが交ざることもある。餌釣りではメジナが狙える。マリンタウン周辺では、アジやカレイを釣る人の姿も。沖に出られれば、マダイやキジハタ、サバやブリに期待ができる。(フィッシング釣政)

     

    ★能登 海が荒れていて釣り人の姿が少ないが、小木港周辺では、50センチほどのヒラメ、30センチほどのアジが釣れていて、ヤリイカも狙える。(里磯)

     

    ★七尾 船釣りは能登島沖でメダイ狙いが面白く、10キロ級が見込める。フクラギやマダイもポツポツ当たる。岸では能登島周辺でメバル15センチ前後やクロダイ30センチ前後が狙える。(フィッシングオザワ)

     

    ★口能登 羽咋沖から志賀町沖の船釣りはアジ20~30匹、チャバチメ10~30匹、カサゴ、ガンド、ブリなど。岸では西海新港でメバルやカレイ。滝港から柴垣港ではカサゴやセイゴ、クロダイなどが釣れている。(つり具センターあさの)

     

    ★安宅 天候が悪く、サオを出せる日が少ない。少し波が収まった頃に、能美市から加賀市にかけての河口周辺でクロダイを狙う。餌はカニやユムシ。安宅(小松市)や塩屋海岸(加賀市)付近で40~48センチほどが1、2匹。このほか、ルアー釣りでスズキを狙うが、釣果は気まぐれ程度。新堀川(加賀市)では60~70センチで、たまに80センチクラスが交じる。(つりよし釣具店)

    2017年12月15日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ