文字サイズ

    来季地区編成中地区に決定

     プロバスケットボール・Bリーグが8日発表した来季の地区編成で、富山グラウジーズは1部(B1)中地区に所属することが決定した。

     B1に昇格した西宮ストークスと島根スサノオマジックが西地区に入るため、富山と同じ中地区に西地区だったシーホース三河と名古屋ダイヤモンドドルフィンズが移る。中地区だったサンロッカーズ渋谷と川崎ブレイブサンダースは東地区に変更となる。

     また、この日発表された公式戦規則では、来季レギュラーシーズンは交流戦を含めて今季と同じ計60試合に決まった。

    2017年06月09日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ