文字サイズ
    読者からお問い合わせの多かった“気になる”話題をご紹介

    サッカーW杯…6大会連続出場に大きな反響

    • 2点目のゴールを決め喜ぶ井手口(左、右は長友)=三浦邦彦撮影
      2点目のゴールを決め喜ぶ井手口(左、右は長友)=三浦邦彦撮影

     8月31日に埼玉スタジアム(さいたま市)で行われたサッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選で、日本はFW浅野拓磨(シュツットガルト)とMF井手口陽介(ガンバ大阪)のゴールで豪州を2―0で破り、6大会連続6度目の本大会出場を決めました。

     昨年9月、最終予選のホーム初戦でアラブ首長国連邦(UAE)に逆転負けするなど苦戦が続いた日本でしたが、大一番でこれまでW杯予選で勝ったことのない豪州に快勝。6勝2分け1敗で勝ち点を20とし、1試合を残し予選B組1位を確定させました。

     読者センターには、試合終了直後から多くの反響が寄せられました。「何といっても浅野の先制点をアシストした長友が光った。あれで勝負が決まった」や「W杯出場おめでとう。チーム全体の力だ」といった喜びの声のほか、「男子サッカーの力はまだ世界レベルではない。来年までにどこまで底上げできるかが課題」「豪州戦でハリルホジッチ監督は本田を外したが、正しい采配。世代交代が必要だ」などの意見も。「W杯出場決定の号外は出たのか」という問い合わせも多数ありましたが、読売新聞では今回、号外の発行はありませんでした。

    2017年09月06日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP