文字サイズ
    読者からお問い合わせの多かった“気になる”話題をご紹介

    日本人初の9秒台に読者から祝福の声

    • 男子100メートル決勝、9秒98のタイムで優勝した桐生祥秀(9日、福井市の福井運動公園陸上競技場で)=吉野拓也撮影
      男子100メートル決勝、9秒98のタイムで優勝した桐生祥秀(9日、福井市の福井運動公園陸上競技場で)=吉野拓也撮影

     9月9日に福井市で行われた陸上の日本学生対校選手権で、男子100メートル決勝に出場した桐生祥秀(よしひで)選手(21)(東洋大)が、日本人で初めて10秒の壁を破る9秒98の日本新記録を樹立しました。これまでの日本記録は、伊東浩司選手が1998年バンコク・アジア大会で出した10秒00でした。大記録達成に読売新聞では号外を発行。読者センターにも「本当に驚いた。暗い話題が多い中で素晴らしいニュースだ」「号外はどこでもらえるのか」など多くの声が寄せられました。

     桐生選手は京都・洛南高3年だった2013年4月に10秒01をマークし、9秒台は時間の問題だと期待されてきました。しかしライバルたちが台頭する中、今年6月の日本選手権では4位に沈むなど苦しい時期も経験。記録達成後には「4年間、くすぶっていた自己ベストが更新できた」と会心の笑顔を見せました。

     人類が100メートルで9秒台に突入したのは1968年のメキシコ五輪で、ジム・ハインズ選手(米)が9秒95を記録しました。以来、カール・ルイス選手(同)ら、歴史に名を刻むランナーが記録を伸ばし、現在の世界記録は、ウサイン・ボルト選手(ジャマイカ)が2009年世界選手権ベルリン大会で記録した9秒58です。20年の東京五輪での桐生選手らの活躍が楽しみです。

    2017年09月20日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP