文字サイズ
    中学受験サポートに協賛する会員校の特色や、会員校からのお知らせなどを掲載しています。

    【合格応援団】失敗乗り越え第一志望に…十文字

    小泉彩香さん 十文字→一橋大学商学部

     受験シーズンもラストスパート。昨季チャレンジした先輩に合格通知を手にするまでの道のりを振り返ってもらいました。

     11月まで

     規模が大きすぎず、穏やかな校風や郊外のキャンパスにひかれ、一橋大を第1志望に。学校の授業を中心に、基礎固めをしっかり行った。

     12月

     一橋大や私大の過去問に着手。夜9時就寝、朝3時起きで、早朝3時間の勉強時間をキープ。寝る前に翌朝の勉強内容を決めて、机の上に準備した。

     12月最終週から

     センター試験対策へ切り替え。苦手な地理はやってもやっても終わらない……

     1月14、15日

     センター試験。数学1・Aの選択問題で選んだ問題がわからずパニック! 慌てて別の問題にしたが時間切れで、7割の得点にとどまる。

     2月14日

     慶応大入試。センター試験後、半ば放置状態だった世界史で全く歯が立たない。不合格。この日から、世界史に集中することを決心。

     2月25、26日

     一橋大の2次試験。数学の大問5問のうち1問しか完答できず……。隣の生徒が鉛筆を滑らす音ばかりが気になり、へこむ。ところが世界史で、想像以上の手応え!!!

     3月9日

     卒業式。教室で先生の最後の話を聞いた後、母親から「合格したよ」と耳打ちされる。周りにも国公立の受験生がいたので、まずは静かに喜びをかみしめた。

    Campus Life

     1年生向けの観光経済学のゼミや、基礎科目の会計学など中身の濃い勉強ばかりだ。生活の中心はボート部で、埼玉県の川のほとりの施設に泊まり込んで練習することもある。

    ◇格言◇ 小泉さん…やった分だけ、点は伸びる

     文系科目は最後まで、勉強するほど得点が伸びる。英語は単語、熟語を学び続け、2月に一気に長文の読解力が上がった。世界史は、2次の記述式対策を進める中で、試験本番の数日前、歴史の流れが急に頭の中でつながり、「面白い」と感じるようになった。

    (読売中高生新聞2017年12月1日号から)

    2018年01月10日 10時32分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP