文字サイズ
    日本語の言葉の使い方について解説するコラムです。

    「りゅうりゅう」と言えば?

     1 現役時代、小柄ながら筋骨〔りゅうりゅう〕の体で豪快に相手をなぎ倒した先代師匠(元横綱千代の富士)だが、指導はこまやかだった。(2016/09/08朝刊)

     2 著者の細工は〔りゅうりゅう〕だ。原書では渾然(こんぜん)となっている二つの鍵概念「自然淘汰(とうた)」と「種分化」とを分けて組みなおすことなどにより、見通しよく仕上がった。(2015/12/06朝刊)

     3 受賞作の『破門』については、選評でも関西弁の会話のうまさに賛辞が集まった。そのテンポのよさは、〔りゅうりゅう〕辛苦してきたベテラン作家の円熟の技なのだ。(2014/09/09朝刊)

     〔りゅうりゅう〕を漢字で書き分けてください。

    ※新聞記事の引用は、東京本社発行最終版によるものです。

    ※一部を省略、または表現を変更している場合があります。

    2017年07月03日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    中高生新聞「練習手帳」に挑戦!