文字サイズ
    日本語の言葉の使い方について解説するコラムです。

    日が暮れて間もない頃

     秋の初めのこの季節は、〔  〕闇が次第に明るくなる「あわい」の時間がゆったりしてくる。(2016/09/12夕刊)

     夫は、〔  〕越しのお金を持たないというタイプで、「自分が管理すると破産する」と言って、同居と同時に通帳や印鑑を差し出してきました。(2017/08/22夕刊)

     〔  〕のうちに浪花を発(た)った芭蕉の舟はとうに毛馬をすぎ、山崎の地峡を抜けて翌十月十三日の明け方には伏見の港についた。(2011/01/06夕刊)


     〔  〕の中には三つとも同じ語が入ります。漢字1文字で答えてください。


    ※新聞記事の引用は、東京本社発行最終版によるものです。

    ※一部を省略、または表現を変更している場合があります。

    2017年10月30日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP