文字サイズ
    中学受験のプロ講師たち「マナビレンジャー」がアドバイスするコーナーです。

    第1志望校合格は成功の第1歩?…後藤卓也

    「超問題児」が超難関校に合格…A君の場合

     今回は、10年ほど前に私たちの塾を卒業したA君という男の子の話をしましょう。

     A君は幼い頃からお母さんと別居し、お父さんとお祖母(ばあ)さんの3人暮らしという、ちょっと複雑な家庭の子でした。一人っ子で、よくいえば「大切に」、悪くいえば「甘やかされて」育ってきたせいか、生活習慣や学習習慣がまったくついておらず、学校でも塾でもかなりの問題児だったそうです。

     当然、成績もずっと芳しくなかったのですが、どういうわけか、誰も予想もしなかったような「超難関校」であるB校に合格してしまいます。

     しかし不幸なことに、B校を熱望していたのは、A君本人よりもむしろお父さんであり、B校は決してA君に「向いている学校」ではありませんでした。

    「偏差値の高い学校」=「自己責任」が求められる学校

     B校は都内でももっとも自由な校風で有名です。しかし生徒の学力レベルは高く、授業の内容も高度。つまり「自分から勉強する子」か、もしくは百歩譲って「親がちゃんと勉強させる子」でなければ、授業についていくのは厳しい。「勉強しなくて落第するのは自己責任」という考え方です。「超難関校」といわれる学校は基本的に同じです。つまり、いつまでも親が勉強の管理をしたり、塾や予備校に通わなければ授業についていけない子は、本来そういう学校に通うべきではないのです。

     A君も最初のうちは学校生活を満喫していたらしいのですが、私たちのような「厳しい塾教師」(笑)が叱っても宿題をやってこないような子でしたから、ちゃんと勉強するはずがありません。A君は1学期の定期試験でいきなり「赤点」(落第点)をとり、お父さんはそのすさまじい成績に真っ青になります。

     お父さんはA君を説教し、自ら勉強を教えたり、家庭教師をつけたりもします。しかしちょうどこの頃がA君の「反抗期」の訪れと重なっていたのでしょう。

     それまでは毎晩お父さんと同じ部屋で一緒に勉強して、布団を並べて寝ていたのが、自分の部屋にこもって夜中までゲームやマンガ三昧。毎日のように遅刻したり、学校をさぼったりするようになりました。勉強が全然わからないから学校に行きたくなくなる。家にいれば毎晩お父さんに怒られるので、余計に反発する。ついには中学2年の終わりに、成績不良で「退学」を命じられます。

    転落の日々…新たな仲間との出会い

     お父さんから何度も相談を受けていた私は、別の学校への編入試験を勧めました。偏差値は決して高くはないけれど、とても面倒見のいい学校はいくつもあるからです。編入試験は無事合格しましたが、昼夜が逆転したような生活習慣、勉強嫌い、そして父親に対する反撥(はんぱつ)心など、いろんなマイナス要素が絡み合って、A君は結局その学校も2年足らずで退学させられることになります。

     その後は「単位制高校」(いろんな事情でふつうに学校に通えなくなった子どもたちが、高校卒業資格をとるための学校)に籍をおきながら、その学校にもほとんど出席せず、アルバイトをしたり、ゲームセンターに入り浸ったりし、父親とは月に一度も口をきかないような毎日を過ごしていました。

     しかし、アルバイト先やゲームセンターで、いろんな大学生やフリーターのゲーム仲間と知り合いになったことが、彼にとっての「転機」となったようです。

     A君は突然お父さんに「C大学のD学部に行きたい」と告白します。しかしそこは新設されたばかりで人気も高く、最初の大学受験は失敗。翌年は「すべり止め」の大学も含めてすべて不合格。まあ、予備校にもほとんど通っていなかったそうですから、受かるはずがありません。

    藁にもすがる思い…専門学校へ入学

     A君のお父さんは思い悩んだあげく、(わら)にもすがる思いでA君を「E専門学校」の見学に連れて行きます。予想に反して丁寧に対応してくれるスタッフや、作品をプレゼンする実習を見学した際の生徒さんたちの様子にいたく感動し、A君もお父さんも入学を決意しました。

     日本には数えきれないほどたくさんの「専門学校」があります。調理師・美容師・声優・マンガ家など「専門職」になるための学校です。残念ながら、「専門学校」はふつうの「大学」より「下」、つまり「ちゃんと大学に合格できなかった落ちこぼれが通う学校」とみられる傾向があります。別居中のA君のお母さんも「学費は出して上げるから、どこでもいいから大学に通いなさい」と大反対したそうです。

     確かに、せっかく「超難関校」に合格しながら、まともに高校も卒業していない、大学にも合格できない。世間的にみれば「転落の人生」そのものということになるのかも知れません。

    2016年06月07日 09時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    
    プロフィル
    後藤卓也  (ごとう・たくや
    啓明舎塾長。1959年愛知県生まれ。東京大学教育学部博士課程修了。84年の啓明舎設立当初から時間講師として勤務。2年間の西ベルリン(当時)留学経験の後、再び啓明舎へ。94年から塾長。主な著書に『大人のための「超」計算トレーニング』『大人のための「超」計算 正しく速くカッコよく解く!』 (すばる舎)、『小学生が解けて大人が解けない算数』 (dZero社)、『大人もハマる算数 』(すばる舎)、『秘伝の算数』(全3冊、東京出版)、『新しい教養のための理科』(全4冊、誠文堂新光社)など。
     
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    中高生新聞「練習手帳」に挑戦!