文字サイズ
    中学受験のプロ講師たち「マナビレンジャー」がアドバイスするコーナーです。

    中学受験勉強はかわいそう?…おおたとしまさ<1>

     【中学受験必“笑”法】中学受験に「必勝法」はないが「必笑法」ならある。結果を勝ち負けと捉えるのではなく、自分たちが「やって良かった」と思える中学受験にすることが大事。人と比べない中学受験、頑張りすぎない中学受験、子供を潰さない中学受験のすすめ。

    中学入試も「全入時代」

    • 中学受験に必勝法はないが、「必笑法」はある(画像はイメージ)
      中学受験に必勝法はないが、「必笑法」はある(画像はイメージ)

     首都圏模試センターによれば、2017年の首都圏における中学受験者総数は推定4万4150人。それに対し、首都圏の中学校の募集定員総数は4万8490人。受験者総数に対する募集定員総数の割合は109.4%。つまり理論上は「学校をえり好みしなければ、どこかには必ず入れる」。中学受験も全入時代なのである。

     中学受験が過酷に見えるのは、ごく一部の超難関校の狭き門に受験者が殺到し、文字通りの1点、2点を争うデッドヒートを繰り広げているシーンに注目が集まりやすいからだ。それも中学受験の一つの側面ではあるが、もっといろいろな中学受験への取り組み姿勢があってもいい。語弊を恐れずに言うならば、もっと“ゆるい”中学受験があっていい。

     中学受験で最終的に第1志望に合格できる子の割合は、3割にも2割にも満たないと言われている。それを勝ち負けで表したら、あまりに分の悪い勝負である。負け戦といってもいいだろう。「必ず勝たなければならない」と他者との勝負にこだわれば中学受験はどんどん苦しくなる。

     でも、人生に勝ち負けなんてないように、中学受験にだって勝ち負けなんて本来はない。合否の結果に関係なく、終わったときに「やりきった」「成長できた」と思って家族で笑顔になれるなら、そして合格した学校に堂々と通えるなら、その中学受験は大成功だ。そして、そうやって中学受験を終えることは、親がちょっとしたコツさえ知っていれば必ずできる。それがこの連載のタイトルでもある「中学受験必“笑”法」だ。

     初回につき、前置きが長くなった。今回のテーマは「中学受験勉強はかわいそう?」である。

     結論から言う。親が中学受験勉強をかわいそうだと思っているのなら、中学受験はやめたほうがいい。親がそう思っていたら、子供も「自分はかわいそうな小学生」だと自己暗示をかけてしまう可能性が高いから。自分のことをかわいそうだと思いながら前向きに勉強を頑張れる子供などいない。始める前からその中学受験は失敗である。

    野球少年には称賛、中学受験生には同情?

     実際のところ、毎日塾に通うということは6年生でも一般的ではないし、塾のない日に深夜まで勉強するということも、6年生の追い込みの一時期以外にはほとんどない。小5や小4の時点でそこまでやるケースはむしろ、中学受験を失敗するパターンに多い。

     たしかに、中学受験勉強をしていればつらくなることはある。しかし、これは勉強に限ったことではないだろう。野球だろうがピアノだろうが、真剣にやれば、つらさも味わう。成長のために欠かせないつらさである。

     メジャーリーガーのイチロー選手は、小学生のころ、友達と遊ぶのを我慢して、年間360日、練習に明け暮れたという。いくら野球が好きだからといって、ときにはつらくなかったわけがない。

     中学受験生は、イチロー少年がバットを握っていたのと同じくらいの気合で鉛筆を握っている。それなのに、野球少年は称賛され、中学受験生はかわいそうと同情される。中学受験をさせている親を、どこか冷ややかな目で見る風潮もある。おかしい。

     はっきり言う。中学受験生はかわいそうなんかじゃない。彼らはたった12歳にして、自分が進むべき道を自分で選びとるために努力することを決意した、勇気ある小学生たちだ。

     親や塾の先生、友達たちも支えてはくれるが、最後の最後、試験会場で頼れるのは自分のみ。言い訳はできない。もしかしたら、この努力が報われないかもしれないという不安に打ち勝つために、彼らは、さらに努力を重ねているのだ。

    2017年09月01日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    
     
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP