文字サイズ
    中学受験のプロ講師たち「マナビレンジャー」がアドバイスするコーナーです。

    賢い子ども、親の意識次第…宮本哲也氏<2>

    • 「賢くない親は、賢いと小賢しいの区別がつきません」
      「賢くない親は、賢いと小賢しいの区別がつきません」

     (この記事は、2014年10月21日付「トピックス」からの転載です)

     どうすれば賢い子になるのか。簡単です。賢い両親から生まれて、賢く育てれば、賢い子になります。……これでは身もふたもないですね。どうすれば賢くない親のもとで賢い子どもが育つのか。

     まずは賢くない親が「自分が賢くない」という自覚を強く持つことです。そして、子どもでリベンジしようとしないこと。「私は勉強ができなくて、とても肩身の狭い思いをしたので、子どもには絶対にそんな思いをさせたくない。私ががんばって賢くして見せる!」。それは99%失敗します。勉強の仕方がわからない親が、どうやって子どもに勉強の仕方を伝授するのか。このリベンジ学習はたとえ中学入試でうまくいってもよいことはないので絶対にやめましょう。

     「賢い」と「小賢(こざか)しい」はまったく別物です。賢くない親が主導権を握って子どもを賢くしようとするとどうなるのか。うまくいっても、小賢しい子にしかならない。そもそも賢くない親自身が、賢いと小賢しいの区別がついていないケースが多い。辞書にはこのように書かれています。「賢い」…知恵がある、思慮深い。「小賢しい」…利口ぶっている、生意気である、悪賢く抜け目がない。全く違いますね。マンガなどに出てくる優等生は嫌なヤツが多いですが、ああいうのは全部小賢しいタイプです。

     学校のクラスにも1人くらいはこんな子がいる。先生が何か言うと「知ってる、塾でやった」とひけらかす。できない子をバカにする。なんでそうなるかというと、親に強烈なプレッシャーをかけられてストレスがかかっているから、自分より弱いものをいじめることでそれを発散している。そんな風になってはいけない。

    子どもの邪魔をしてはいけない

     皆さんが賢い親か賢くない親かを簡単に判断する方法があります。今から一つ質問しますので、自分がAかBか、どちらか思い浮かべてください。

     子どもが難しい問題を解いている様子をみて、どうしますか。

     A:黙ってみている B:アドバイスする

     Aを選んだ方は賢い親です。邪魔をしないのが一番。Bを選んだ親は賢い親ではありません。それが余計なことなのです。「でも時間がとられたらもったいない、早く解ければいっぱい解けるのに」。こういうのは「小賢しい」思考です。

     私は子どもに、優秀な受験生になってほしいとは思いません。優秀な学習者、優秀な勉強家になってほしいと思っています。入試を目指すのではなく、考えること、学ぶことをずっと続けていってほしい。そういう学問にまともに取り組もうという人間にとって、もっとも重要な姿勢は面倒なことをいとわないことです。

     その正しいやり方を実践している子どもに、こっちのほうがいいよ、と口をはさむとどうなるか。自分のやり方を否定された子どもは怒る。ここで引き下がる親はまだ救いがある。真に愚かな親は、これを力ずくで押し通そうとする。子どもは、どうせやっても否定されるだけだから、自発的に行動するのをやめ、親の指示通りに動く人間になってしまうのです。(続く、構成・メディア局編集部 小倉剛)

    プロフィル
    宮本 哲也(みやもと・てつや)
     早稲田大学第一文学部卒業後、当時日本一の進学塾だったTAPに入社。SAPIX横浜初代教室長を経て、1993年、横浜に宮本算数教室設立。2009年に教室を東京に移し、今日に至る。2006年に出した「賢くなるパズル」(学研)はシリーズトータルで220万部を越えるベストセラーに。「賢くなるパズル」のメインである「計算ブロック」は英名KenKenで、世界10か国で翻訳出版されていて、読売新聞、NewYorkTimesなど国内外の多くの新聞、雑誌に連載されている。2015年から活動の拠点をアメリカ・ニューヨークに移す予定。
    2017年09月07日 09時30分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    
     
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP