文字サイズ
    中学受験のプロ講師たち「マナビレンジャー」がアドバイスするコーナーです。

    テストに強い子、弱い子にはこう対処しよう…後藤卓也

     「テストに強い子」と「弱い子」がいます。単に本番の緊張に弱いというのではありません。それはある程度「慣れ」でカバーできます。そうではなく、とにかく「テストで点数化される勉強」に向いている子と、ふだんの授業では大活躍するのに、テストではどうしても結果が出せない子がいるのです。

     今回はテストに強い子と弱い子、それぞれにどんな中学受験を経験させるべきかを考えてみましょう。

    新傾向入試という新しい試み

    • あなたの子は、テストに「強い子」? それとも「弱い子」?(画像はイメージ)
      あなたの子は、テストに「強い子」? それとも「弱い子」?(画像はイメージ)

     実は先日、ある大手模試業者が主催する『新入試体験!私立中コラボフェスタ』というイベントに、ゲストコメンテーターとして出演してきました。「新入試」(新傾向入試)というのは、最近多くの私学で実施されはじめた、従来の4教科の学力テストとは異なる入試形式のことです。

     例えば「適性検査型」というのは、公立中高一貫校の「適性検査」と同じように、教科の枠組みを超えて、あるテーマに沿って、グラフの読み取りや時事問題への関心や実験方法とその結果などを、記述形式で答えさせるテストです。公立中高一貫校を第一志望とする受験生が併願しやすいように配慮することで、受験生を呼び込もうという狙いもあるのでしょう。「新思考力入試」は、来年から早稲田大学が同じ名称の入試を導入しますが、基本的には適性検査型と同じ方向性と考えていいでしょう。

     他にも、英語を試験科目に導入した入試、自分の得意科目だけで受験できる入試、大学のAO入試のような「自己アピール入試」、さらには与えられた課題をレゴブロックで組み立てて、その意図をプレゼンする入試など、興味深い試みがたくさんあります。

     こうした新しい試みを進めている私学の先生方が、その目的や手ごたえを報告するシンポジウムの壇上で私に与えられたのは、「新傾向入試と従来型入試に向いている子の違いはあるのか?」というテーマでした。

    不遇な小学生生活を過ごしている子はテストに強い

     持ち時間があまりなかったので、その場で話したかったことをここで書くことにします。

     いま私は4年生と6年生、それぞれ10クラスのうち1組と2組、つまりテストの点数の高い子たちの担任をしていますが、先日「逆上がりができない子?」と質問したら、なんと半数以上の子が手を挙げました。私も「できない子」だったので、「可愛(かわい)い後輩」が大勢いて(うれ)しかったのですが、私が小学生のころは「できない子」がクラスに1人か2人だったので、ちょっと驚きました(最近の調査結果では、「できる子」は小学6年生全体の7割以下らしいので、これはこれでまた驚きでしたが)。

     逆上がりだけじゃなく、「毎週1回プールとかありえないから、絶対にプールのない私学に行く」とか、「給食が食べられない」とか、「学校に友だちがほとんどいない」とか、とにかく「あまり幸せそうじゃない小学生生活」を過ごしている子は「テストに強い」んですね。ずっと最上位をキープする子も大勢いますが、一時期大スランプに陥っても、そこから猛追撃をして、結果的に最難関校に合格する子もいます。

     以前、他の大手塾で最上位から最下位近くまで成績が下降し、思い余って6年の夏に転塾してきた生徒は、小学校の先生と折り合いが悪く、前の塾の友だちからは落ちこぼれ呼ばわりされていました。半年で模試の偏差値を20近く上げ、見事に超難関校に合格したのは、「絶対に見返してやる」という執念の賜物(たまもの)といえるでしょう。

     他方で、学校大好き・行事大好き、友だちにも恵まれ、毎日暗くなるまで遊んで帰る。運動会やクラブでも大活躍という生徒、いわゆる「リア充」(?)の子どもたちの多くは、塾も大好きで、授業中の反応もいい。読書感想文や自由研究的な課題では素晴らしい才能をみせてくれる。しかしそれがテストの結果にはつながらない。

     学年が進み、学習内容が難しくなるにつれて、少しずつクラスが下がっていく。でもそのクラスでもまた友だちに囲まれて楽しく勉強し、希望する学校に進学していきます。ただしこういう子が、あるレベル以上の超難関校に合格するケースは、残念ながら決して多くはありません。

     「不遇な」小学生生活を過ごして最難関校に合格する子と、「リア充」のまま受験を終える子のどちらがいいのか。それは長い年月の果てにしか判断できないことですが、少なくとも同じくらいの理解力や知的判断力を備えていると思われる子を比べると、テストの成績や合格した学校の「偏差値」は、「リア充度」に反比例するというのが、私の実感なのです。

    「ハングリー」型の子の受験

     「不遇な小学生生活」というのは言葉が過ぎたかも知れません。運動は苦手、集団行動は嫌い、成績はいいけれど、それを鼻にかけて他の子を(あざけ)るような態度をとるから、友だちは取り巻き連中だけ……という、一昔前のお受験ドラマの「悪役」みたいな優等生は、少なくとも私の教え子には1人もいません。

     ただ彼らの多くは、知的な発達と身体面での成長と心理的な成熟がアンバランスな場合が多いのは確かです。そしていまの小学校は「知的な発達」が突出した子にとっては、決して居心地のよい場所ではありません。

     頑張って勉強しているのに、それが正当に評価されないことへの不満。ゆとり教育の時代に制定された学力評価制度では、理解度が高くても「意欲・関心・態度」という観点でマイナス評価を受けることが少なくないし、そもそも小学校では「学力テスト」が実施されることすら(まれ)です。

     そして何より問題なのは、塾通いや中学受験を目の敵にする教師が、まだ少なからずいることです。6年生の夏休みの宿題に計算ドリル1冊。受験生なら数秒で暗算できる問題でも、ちゃんと筆算して、筆算の横棒はきちんと定規で書かなければならないとか。

     「学校の勉強なんて簡単すぎて超退屈」などと口にしてしまう生徒や、学校行事より塾の都合を優先させろと身勝手なことを言う親とか、児童同士のいさかいとか、いろいろと腹立ちの原因はあるでしょうが、頑張って自らに人生を切り開いていこうとしている受験生本人に、嫌がらせとしか思えないような対応をするのは、教育に携わるオトナとして論外だと思います。「学校生活優先」は建前としては正論かも知れませんが、中学や高校ではむしろ学校側が高校受験や大学受験のための指導や応援をするのが当たり前じゃないですか。

     だから彼らは、塾こそが自分の居場所だと感じ、塾のなかで友だちや我々教師、そして両親から認めてもらいたいと思う。テストの成績とクラス移動と、そして最終的にはどの学校に合格するのかが、自分にとっての最大の評価基準だと考える。テレビやマンガやゲームの話題しかない学校の同級生より、同じ目標をもった仲間と一緒に過ごしたいと思う。その度合いの強い子が「テストに強い」子なのです。

     スポーツとか芸術・科学、たぶんビジネスの世界でも同じでしょう。「いまの自分」ではなく「これからの自分」のために、いろんなものを捨ててでも、目標のために努力を惜しまない。それは決して「不遇」で、(ゆが)んだ姿だとは思いません。むしろ彼らは、塾と受験という「リアル」のなかで充実した日々を過ごしているというべきなのかも知れません。

     彼らに対して親ができることは、健康管理とアシスト。そして適度に息抜きの時間を作ってあげることだけでしょう。彼らなら大丈夫。結果的に第1志望に合格できなくても、また次の目標に向かって歩いていけるはずです。むしろ心配なのは首尾よく合格したあとのほうですが、これはまた別の機会に譲りましょう。

    2017年11月16日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    
    プロフィル
    後藤卓也  (ごとう・たくや
    啓明舎塾長。1959年愛知県生まれ。東京大学教育学部博士課程修了。84年の啓明舎設立当初から時間講師として勤務。2年間の西ベルリン(当時)留学経験の後、再び啓明舎へ。94年から塾長。主な著書に『大人のための「超」計算トレーニング』『大人のための「超」計算 正しく速くカッコよく解く!』 (すばる舎)、『小学生が解けて大人が解けない算数』 (dZero社)、『大人もハマる算数 』(すばる舎)、『秘伝の算数』(全3冊、東京出版)、『新しい教養のための理科』(全4冊、誠文堂新光社)など。
     
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP