文字サイズ
    中学受験のプロ講師たち「マナビレンジャー」がアドバイスするコーナーです。

    「結局同じ大学」じゃ意味がない!?…おおたとしまさ<4>

     【中学受験必“笑”法】中学受験に「必勝法」はないが「必笑法」ならある。結果を勝ち負けと捉えるのではなく、自分たちが「やって良かった」と思える中学受験にすることが大事。人と比べない中学受験、頑張りすぎない中学受験、子どもを潰さない中学受験のすすめ。

    “いい高校”に行くことが目的ではない

    • 「地元中学の子と同じ大学」に進学したら、中学受験は意味がない?(画像はイメージ)
      「地元中学の子と同じ大学」に進学したら、中学受験は意味がない?(画像はイメージ)

     中学受験をするという選択に対して、「これからの世の中では学歴なんて何の役にも立たないのに、なぜ小学生のうちから塾に通って学歴を気にしなければいけないのか」と言う人がときどきいる。

     同時に、こんな言い方もされる。「最近は公立高校の進学実績も復活している。お金をかけないで公立高校に進んで、そこから東大に行くほうがコスパはいい」とか「同じ小学校から中学受験をして私立中学校に進んだ子どもと、地元の中学校に進んだ子が、結局同じ大学で同じクラスになったらしい。だとしたら、中学受験をする意味がない」など。

     一方では学歴主義的思考を批判しながら、一方では子どもの進路を学歴によって評価している。これが、よくある中学受験批判の矛盾である。

     似たような批判に次のようなものもある。「中学受験で中途半端な学校に行くくらいなら、高校受験で“いい高校”に行ったほうがいい」。晩熟な子どもに対しては、「中学生になればきっと伸びるから、高校受験で頑張ったほうが結果的に“いい高校”に行ける」というアドバイスもある。

     この場合の“いい高校”とはたいていの場合、偏差値が高くて大学進学実績のいい高校という意味である。高校を、“いい大学”に入るための“足場”として見ているのだろう。

     中学受験で力を発揮できず、下手に悪い“足場”に身を置くよりは、高校受験で良い“足場”を得る可能性にかけたほうがいいという損得勘定が働いていることはわかる。しかしそもそも、中学受験をする目的は、大学受験のための良い“足場”を得るためなのか。そういう意味もないとはいえないが、それだけではない。

     中学受験をするかしないかという選択は、大学進学から逆算するものではなく、思春期という多感な時期をどんな環境で過ごすのかを、自分で選びとることである。地元の公立中学の“水”が、その子に合っているのならラッキーだ。中学受験などせずに、その中学に進めばいい。しかしそうでないのなら、中学受験という選択には、自らに合う“水”を求める意味がある。

    2017年12月01日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    
     
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP