文字サイズ
    中学受験のプロ講師たち「マナビレンジャー」がアドバイスするコーナーです。

    わが子を前向きにさせる“魔法の言葉”…後藤卓也

     このコラムが掲載される頃には、東京・神奈川の中学受験生にとっては「前哨戦」ともいえる、関東近県の中学や寮のある学校の「東京会場入試」が終わっているはずです。そこで合格の喜びを味わったり、不本意な結果に打ちのめされたりして、いまは1月下旬の千葉入試や、2月1日から始まる「本番」に向けて、最後の追い込みに専念していることでしょう。

     今回のテーマは「前哨戦の結果をどのように受け止めるべきか」。

     中学受験事情の異なる他府県の読者の皆さんにはピンとこない点もあるかもしれませんが、高校受験や大学受験の場合にも共通する「受験直前期の心構え」として読んでいただければ幸いです。

    1月入試の三つのメリット

    • いまや1月入試は「前哨戦」として定番化(画像はイメージ)
      いまや1月入試は「前哨戦」として定番化(画像はイメージ)

     33年前、私がこの仕事を始めた頃は、1月中の「前哨戦」に挑む生徒はごく僅かでした。ところがいまは、先日(1月10日)の栄東中A日程試験だけで受験者が6400人以上! 首都圏の中学受験生が約4万人と言われていますから、(すさ)まじい高率です。埼玉だけでも1回の試験で1000人以上の受験生を集める学校が他にも数校あるのですから、もはや1月受験は「首都圏中学受験の常識」といっても過言ではないでしょう。

     1月入試が「定番化」したことのメリットは、いくつもあります。

     第一に、2月1日の「本番」で「緊張して全然できなかった」という泣き言は、ほとんど耳にしなくなりました。所詮(しょせん)は12歳の子どもですから、これまで「これで自分の人生が決まるかもしれない」という経験をしたことはほとんどありません。だから1月中に、試験前夜の高揚感と当日朝の緊張感、そして合格の喜びや不合格の悔しさを何度か味わうことは、とても大切な経験になります。

     第二に、千葉・埼玉などの通学可能圏や全寮制の学校に「進学意志」がある場合は、その合否結果に応じて、2月入試の受験作戦を変更することができます。例えば1月中に「第3志望」の合格通知を手にすることができたなら、あとは「第2志望以上」の学校だけを受験すればいい。思うような結果が得られなければ、「おさえ」の学校を変更したり、追加したりすることもできます。

     1月入試の結果を受けて「最終面談」をしなければならないので、私たちの仕事は増える一方ですが、「選択肢」が増えるのは受験生にとっても保護者にとっても、そして学校にとってもありがたいことです。

    大切なのは「結果」の受け止め方

     とはいえ、「メリット」ばかりではありません。

     1月入試の結果を、いくつかのパターンに分類してみましょう。

     たとえば「チャレンジ校」(合格可能性20%以下)をA校、「実力相応校」(合格可能性50%程度)をB校、「合格確実校」(合格可能性80%以上)をC校とします。想定できる結果としては、

     (1)A校に合格した場合
     (2)A校は不合格だったが、B校には合格した場合
     (3)B校は不合格だったが、C校には合格した場合
     (4)C校まで含めて「全滅」した場合

     以上の四つが想定できますね。

     それぞれについて、どんなリスクや問題点が考えられるかを順にみていきましょう。

    「(1)A校に合格した場合」

     例えば埼玉の「浦和明の星」や千葉の「渋谷幕張」は、東京在住でも第1志望校にする受験生が少なくない超人気校です。だから思いもよらぬ合格通知を手にすれば、有頂天になるのも無理はありません。その結果、本来の第1志望校に向けての熱意や緊張感が薄れてしまったり、「もう受験はやめる。A校に行く」と言い出すケースも少なくありません。

     それはそれで一つの決断なのですが、例えば通学時間が1時間以上ともなると、6年間電車のなかで過ごす時間は半端ではありませんし、毎朝早起きをしてお弁当を作るママも大変です。もちろん私たちは、予定通り2月まで受験を続けて、最終的に合格した学校の中から、実際に進学する学校を決めるようにアドバイスします。

     しかし「超人気校」に合格した喜びと、早く受験勉強から解放されたい一心で、全然勉強に身が入らない。こんなとき、我が子にどんな言葉をかけるべきでしょうか。

    「(2)A校は不合格だったが、B校には合格した場合」

     これが実は一番「良好」なパターンです。「少なくともB校の合格通知を手にしたのだから一安心。でもA校に合格できなかった無念を、絶対に2月の入試で挽回してやる……」。まあ、わかりやすいというか扱いやすいメンタリティーですよね。

     だから、保護者会ではいつも「1月は1勝1敗がベスト」だと話しています。2月入試で予想以上の結果を出してくれるのも、このパターンです。ただし試験を受けたときの「B校」の印象があまりに良すぎて、(1)の「有頂天パターン」に移行してしまうケースもあるので要注意です。

    「(3)B校は不合格だったが、C校には合格した場合」

     「1勝1敗」という意味では(2)と同じなのですが、「たぶん受かるんじゃないかな」と思っていたB校に合格できなかったことで、自信喪失になる場合があります(親も子も)。その結果、「どうせE校(本来の第1志望)なんか受かるはずがない。いや第2、第3志望だって危ないかも」と疑心暗鬼になり、せっかくこれまで対策を積み重ねてきた志望校を変更しようとする。しかし残り2週間やそこらで、別の学校に向けて気持ちを切り替え、改めて過去問対策を始めても、良い結果が得られるはずはありません。

     逆に、お父さんが「B校さえ受からないのなら、もう公立中学でいいじゃないか。一応C校は受かったんだから『全滅』じゃないんだし」などと激怒してしまい、チャレンジ校ばかりを受験する場合もあります。一番危険なのは、このケースです。

     さあ、このような自信喪失状態の親子や、お怒りモードのお父さんに、私たちはどう対応するべきなのでしょうか。

    「(4)C校まで含めて「全滅」した場合」

     「1月全滅」でようやく「このままじゃマズい」とはじめて実感し、ママの布団のなかで一晩じゅう大泣きをしたあと、結果的に2月の受験で全勝する受験生が毎年何人もいます(基本的にすべて男子)。

     冷静に状況を受け止め、場合によっては合格確実な「滑り止め校」を受験させて、気持ちを立て直すことができれば、予想以上によい結果を得られることがあります。しかし、「非常に厳しい状況」であることは間違いありません。

     最悪なのは、「もう受験なんかしない」(子)・「どうせどこも受からないのだから、やめさせる」(親)と、受験自体を断念してしまう場合。こんなときには、どういう言葉を投げかけるべきなのでしょうか。

    2018年01月17日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    
    プロフィル
    後藤卓也  (ごとう・たくや
    啓明舎塾長。1959年愛知県生まれ。東京大学教育学部博士課程修了。84年の啓明舎設立当初から時間講師として勤務。2年間の西ベルリン(当時)留学経験の後、再び啓明舎へ。94年から塾長。主な著書に『大人のための「超」計算トレーニング』『大人のための「超」計算 正しく速くカッコよく解く!』 (すばる舎)、『小学生が解けて大人が解けない算数』 (dZero社)、『大人もハマる算数 』(すばる舎)、『秘伝の算数』(全3冊、東京出版)、『新しい教養のための理科』(全4冊、誠文堂新光社)など。
     
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP