文字サイズ
    中学受験のプロ講師たち「マナビレンジャー」がアドバイスするコーナーです。

    めぐりあった学校と「相思相愛」になろう…後藤卓也

    中学入学を間近に控えた皆さんへ

     「冬来たりなば春遠からじ」。新中1の皆さんは、「受験勉強」という長い「冬」を乗り越え、いまはおそらく満開の桜の下で、まもなく訪れる入学式、そして新たな学校での生活を心待ちにしていることでしょう。

     ただ、「ずっと憧れていた第1志望」の学校に入学できるのは、受験生全体のほぼ3割というのが通説ですから、残りの7割のなかには「ちょっぴり悔しい思い」を抱えていたり、「どうして自分だけ……」といまだに痛恨の思いを引きずっていたりする人も、いるかもしれません。そこで今回は、「中学校生活を始めるにあたっての心構え」を語ることにします。

    1人の進学者に対し礼を伝えにきた若い先生

    • 第1志望への入学は、たった3割。だからこそ、必要な「心構え」がある(画像はイメージ)
      第1志望への入学は、たった3割。だからこそ、必要な「心構え」がある(画像はイメージ)

     先日、A女子校の若い先生からお電話を頂戴しました。

     「たくさんの私学の中から、貴塾のBさんに本校を選んでいただき、ご入学していただくことになりました。つきましては御礼をかねてご挨拶に伺いたいと思って、お電話させていただきました」

     今年の卒業生2百数十人のなかで、A校を受験したのはBさん1人だけ。つまり「受験者1・合格者1・進学者1」ですから、「わざわざご足労いただかなくても……」と遠慮したのですが、結局、訪問を受けることになりました。

     Bさんは新3年生で入塾してから1年間、担任として指導した子です。しかしその後、成績は低迷を続け、お母さんから何度も「もう受験は諦めようかと思うんです」という相談を受けていました。でもBさんもお母さんも最後まで諦めず、「ずっと憧れていた難関校のC校」には届かなかったものの、「事実上の第1志望」であるA校に合格できたのです。しかもそのたった1人の進学者のために、わざわざ挨拶にきてくれるなんて、やっぱり(うれ)しいじゃないですか。

     A校は古い伝統をもつ名門女子校。都心の一等地にありながら飾らない素朴な校風が好きだったのですが、女子の共学校志向や私学間の競争激化のなかで、最近は大幅に志望者を減らして苦労しているようです。

     他の仕事がたまっていたのですが、Bさん母子の笑顔を思い出しながら、「私たちもいろいろな試みを続けているのですが」と自校の窮状を打ち明ける若い先生と、ついつい小1時間近く話し込むことになりました。

    生徒主体の学校説明会が主流に

     最近の学校説明会では、「校長と入試担当が話をして、学校紹介DVDを流し、あとは校舎見学をしてオシマイ」ではなく、在校生と現場の先生が学校生活のようすを語るといった試みが増えており、参加者からはおおむね好評を博しています。ある男子校では土曜日開催の「ミニ説明会」を、企画から運営まですべて生徒にやらせたりもしています。

     A校でも、土曜日開催の学校説明会では、参加した保護者をいくつかのグループに分け、在校生が校舎案内しているそうです。

     「校舎見学のあいだに、案内役の生徒に色々と質問もできるので、参加者からは好評ですし、案内役の生徒たちも、ちょっと照れくさそうな表情をしながら、『きょうはこんなこと聞かれちゃいました!』と嬉しそうに報告してくれるんですよ!」

     「それはとてもいい試みですね。でも、土曜日は授業がないから、ただ施設を見学するだけですね」

     「ええ、平日の説明会は、私たち教師が校舎案内をしています。生徒は授業中ですから」

     「でも保護者は、本当はふだんの授業の様子や生徒さんの姿を見たいと思っていますよ。でも平日の説明会だと、生徒は授業中か……。じゃあ、こうしたらどうですか? 例えば月に1回説明会があるとしたら、5月は中2A組、6月は中2B組というようにローテーションを組み、その日の4時間目は『特別活動』の時間ということにして、担当クラスの生徒がチームを作って、校舎案内を担当する。リーダー役を選んで、校舎見学のルートを決めたり、手作りの案内図を作ったり、いろんな工夫をするのも各クラスの生徒に任せる。参加者にアンケート用紙を配って、一番評価の高かったクラスを表彰するのもありかな? いや、アンケートの『参加者からの声』を読ませてあげるだけでも、生徒たちは喜ぶと思いますよ」

     「あ……、それはたしかに面白いですね」

     「コミュニケーション教育って、教師と生徒や生徒同士だけじゃダメだと思うのですよ。学校見学に来てくれる保護者を案内するには、なにより母校のことをちゃんと知っておく必要があるし、身だしなみや言葉にも気を使わなければならない。校舎見学のルートを工夫したり、質問に対する想定問答を考えたり。授業見学のルートに入っている担当の先生に『できるだけ盛り上がる授業をお願いします』なんて『事前折衝』をしたり。けっこう大変だと思うけれど、そうやって自分の学校のことを、ちゃんと調べ、チームで協力しあって、それで参加者の方々の『ふだんの学校のようすがよくわかりました』『とても楽しかったです』なんてアンケートの感想を読んだら、絶対に嬉しいと思うんですよね」

     「ありがとうございます。さっそく校内で検討させていただきます」

    2018年03月30日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    
    プロフィル
    後藤卓也  (ごとう・たくや
    啓明舎塾長。1959年愛知県生まれ。東京大学教育学部博士課程修了。84年の啓明舎設立当初から時間講師として勤務。2年間の西ベルリン(当時)留学経験の後、再び啓明舎へ。94年から塾長。主な著書に『大人のための「超」計算トレーニング』『大人のための「超」計算 正しく速くカッコよく解く!』 (すばる舎)、『小学生が解けて大人が解けない算数』 (dZero社)、『大人もハマる算数 』(すばる舎)、『秘伝の算数』(全3冊、東京出版)、『新しい教養のための理科』(全4冊、誠文堂新光社)など。
     
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP