文字サイズ
    1週間の中で起きた注目の話題を漫画付きで詳しく解説するコーナーです。
    日本の15歳 読解力低下

    国際学習到達度調査

    • イラスト・スパイスコミニケーションズ(まこと)
      イラスト・スパイスコミニケーションズ(まこと)

     15さいの学力をはか国際こくさい学習到達度調査とうたつどちょうさPISAピザ)の結果けっかが公表されました。日本は、理数系りすうけいの分野で順位じゅんいを上げましたが、文章を読み取ったり、自分の考えを書いたりする「読解力どっかいりょく」は下がりました。

     PISAは、経済協力けいざいきょうりょく開発機構きこう(OECD)が、3年に1度実施じっししています。2015年に行われた今回の調査では、72の国・地域ちいきで、合わせてやく54万人がテストを受けました。

     学力分野は「科学的応用力かがくてきおうようりょく」と「数学的すうがくてき応用力」、「読解力」の三つあります。日本の順位は、科学が前回の4位から2位、数学が7位から5位と改善かいぜんしました。

     しかし、読解力は4位から8位に落ちました。文部もんぶ科学省かがくしょう担当者たんとうしゃは、「読書の時間がり、長い文章にせっする機会きかいが減ったことが原因げんいん可能性かのうせいがある」と話しています。

     短い文章や文字でやりとりできるスマートフォンなどの利用りようが広がる一方で、本や新聞などの活字にれる時間が減っていることが背景はいけいにあるとみられます。

     PISAが始まった2000年、日本は科学が2位、数学が1位、読解力が8位でした。ところが、学習内容ないようを減らす「ゆとり教育」が進むなか、成績せいせきが下がり、「PISAショック」とばれ、教育関係者かんけいしゃに大きな衝撃しょうげきあたえました。

     文科省もんかしょうは、学校のカリキュラムを見直し、主要しゅよう教科の授業じゅぎょう時間をやしました。また、07年に始めた全国学力テストでは、PISAのように、考える力や応用力をみる問題が出されるようになりました。

     その後、日本の成績が回復かいふくし、前回の12年調査では、3分野とも順位が上がりました。16年11月、算数・数学と理科の基礎きそ学力を測る「国際数学・理科教育動向調査(TIMSSティムズ)」の結果が公表され、小4、中2の全4教科で過去最高得点かこさいこうとくてん記録きろくしました。

    上位にアジア勢

     PISAの国・地域べつ成績では、シンガポールが1位を独占どくせんし、日本や香港ホンコンなどアジアぜい上位じょういで目立ちました。シンガポールでは、レベル別クラスを導入どうにゅうするなど、理解度りかいどおうじた指導しどうを行っています。

     子どもの読解力を高めるため、文科省は、文章を読む学習や多様な言葉遣ことばづかいをおぼえる指導を充実じゅうじつさせたい考えです。調査でかびがった日本の課題かだい検証けんしょうし、よりよい学習につなげていくことがもとめられます。

    2017年01月04日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP