文字サイズ
    読売KODOMO新聞の連載漫画「いろはにほへと新聞部」のキャラクターが時事用語をわかりやすく解説します。

    【デジタル教科書】…2020年度導入 課題は費用

    • 紙の教科書の内容をタブレット端末で読むことができる
      紙の教科書の内容をタブレット端末で読むことができる

     いろは ニュースで「デジタル教科書」が取り上げられていましたよ。

     あらた 今、学校で使われている教科書は紙の本だけど、その内容ないようをタブレット端末たんまつなどに取りこんで画面上で読めるようにしたものだよ。教科書を補助ほじょする「副教材ふくきょうざい」として端末たんまつで動画や音声を使うこともできるんだって。

     いろは 便利べんりですね。

     あらた 算数の図形の立体画像がぞうや理科実験じっけんの動画を使えば、先生は授業じゅぎょう説明せつめいしやすいよね。文字を拡大かくだいしたり読み上げたりする機能きのうもあって障害しょうがいのある子が学びやすいともいわれているよ。

     いろは いつから使われるのですか。

     あらた 紙の教科書の副教材ふくきょうざいとしてはすでに使われているけど、文部もんぶ科学省かがくしょうから依頼いらいされた専門家せんもんかたちが話し合った結果けっか、2020年度から教科書として使うことがみとめられた。紙の教科書を基本きほんとするのはわらないよ。

     いろは 費用ひようは。

     あらた 小中学生に無償むしょうで配られる紙の教科書とちがって、タブレット端末たんまつなどをふくめて、自治体じちたい保護者ほごしゃ負担ふたんするようだよ。

     いろは あまり値段ねだんが高いとこまりますね。

     あらた それに長時間使って目が悪くなることなどを心配する声もあるんだ。だから、問題がないかたしかめながら少しずつ取り入れることになったよ。

    2017年01月03日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

    「時事用語をわかりやすく解説する読売新聞朝刊「学ぶ育む」の連載です。読売KODOMO新聞の連載漫画「いろはにほへと新聞部」のキャラクター「あらた」「いろは」が登場します。

    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    中高生新聞「練習手帳」に挑戦!