文字サイズ
    子供向けにお菓子の作り方を紹介します。

    旬の魚のうまみたっぷり アクアパッツァ

     旬の魚をまるごと使った「アクアパッツァ」。和風な味付けの、おもてなしのひと皿を作ってみよう。手順をていねいに紹介するから、魚をさばくのにもチャレンジしてみてね

    くわしい作り方を動画で見られるよ。下の料理の画像をクリックしてね

    材料 ( ざいりょう ) 】(4人 ( ぶん )
    白身魚 ( しろみざかな ) ( ぴき ) 、アサリ10 ( ) 季節 ( きせつ ) 野菜 ( やさい ) たっぷり(ナス1本、ニンジン1/2本、ズッキーニ1/2本、トマト1個、 ( まめ ) ドライパック1など)、かつおぶし2つかみ、しょうゆ大さじ1.5、みりん大さじ2、 ( しお ) 少々 ( しょうしょう )

    (1) ( さかな ) のうろこを ( )

     (むな)びれを立てて()さえ、専用(せんよう)のうろこ取りをしっぽから(あたま)()かって(うご)かし、うろこをはがす。反対側(はんたいがわ)(わす)れずに。うろこを取ったら、水で(あら)(なが)すよ。

    (2)さばく

     まな(いた)に魚をのせ、魚のお(しり)(あな)から包丁(ほうちょう)()()む。包丁は水平(すいへい)にして、頭に向かって()り目を入れて(ひら)くよ。

    (3) 内臓 ( ないぞう ) とりのぞく

     親指(おやゆび)上側(うえがわ)をしっかり押さえながら、包丁で内臓とエラを取り出そう。だいたい取れたら水道水(すいどうすい)で内臓を洗い流して。(ほね)(ちか)くの(まく)に包丁を差し込んで開き、血合(ちあ)いも取り(のぞ)いてね。

    (4)切り込み入れる

     表面(ひょうめん)に、(すじ)をつけるように3本(あさ)く切り込みを入れる。キッチンペーパーで水気をしっかりふき取ったら(しお)()り、冷蔵庫(れいぞうこ)に入れておこう。

    (5)かつおだしを 準備 ( じゅんび )

     水500ミリリットルを(なべ)にかけ、ふっとうする直前(ちょくぜん)にかつおぶしを入れる。煮立(にた)ったら火を()め、かつおぶしが(しず)んだらザルでこしておこう。

    (6) 野菜 ( やさい ) を切る

     ナスはしましまになるように(かわ)をむいた(あと)輪切(わぎ)りにし、ほかの野菜を切っている(あいだ)、水につけてアクを()く。ニンジンは皮をむいて半月(はんげつ)切り、トマトは(らん)切りにするなど、たっぷりの季節(きせつ)の野菜やキノコを用意(ようい)しよう。

    (7)アサリを鍋に

     鍋にかつおだしを入れた後、アサリを(なら)べて煮立たせる。(かい)がらが全部(ぜんぶ)開いたら、しょうゆ、みりんを(くわ)え、ふっとうしたら火を()めよう。

    (8)煮込んで 完成 ( かんせい )

     魚の表面(ひょうめん)をふき、鍋の中央(ちゅうおう)()き、まわりに野菜を並べてね。ふたをして、10(ぷん)(きょう)煮込んだら完成!


    【できちゃうポイント】

    • 植野美枝子(うえの・みえこ)先生
      植野美枝子(うえの・みえこ)先生

     今回(こんかい)は、魚屋(さかなや)さんやスーパーで、お(みせ)の人と(はな)しながら魚を()うのに挑戦(ちょうせん)してみてください。

     (いま)時期(じき)だと、アクアパッツァ()きのタイやイサキが(なら)んでいると(おも)います。お店の人にその日のオススメを()けば、新鮮(しんせん)(しゅん)の魚や、おいしさを見分(みわ)けるポイントを(おし)えてくれるかもしれませんよ。

     魚をさばくと、(いのち)をいただくありがたさを実感(じっかん)します。魚の()もうまみも、(あま)すことなく使(つか)った今回の料理(りょうり)完成後(かんせいご)試食(ししょく)したレイくん、(こころ)さんも(はし)(すす)み、ぺろっと完食(かんしょく)でした!

    2017年11月02日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP