文字サイズ
    子供向けにお菓子の作り方を紹介します。

    おいしくお祝い「ひな祭りずし」

     今年のひな祭りは、おすしで作るひな人形でお祝いしよう! キレイな薄焼き卵の着物がポイントです。

    くわしい作り方を動画で見られるよ。下の料理の画像をクリックしてね

    材料 ( ざいりょう )
    すし ( めし ) 5~6人 ( ぶん ) …ごはん4 ( ごう ) ( ) 80cc、 砂糖 ( さとう ) 40g、 ( しお ) 15~20g
    男びな、女びな ( よう ) …うずらの ( たまご ) ( ) 、卵1個、砂糖小さじ1、塩2つまみ、サラダ ( あぶら ) 大さじ1、パプリカ1/4個、ノリ5cm分、ミツバ1本、 ( くろ ) ごま4 ( つぶ ) 小松菜 ( こまつな ) ( かぶ )

    (1) ( ) わせ ( ) づくり

     (なべ)に酢と砂糖、塩を入れて中火で(ねっ)し、だいたい()けたら火を()めよう。

    (2)ご飯と ( ) ぜる

     すしおけや大きめのボウルにごはんを用意(ようい)。合わせ酢をまんべんなくかけ、しゃもじで()るように混ぜる。うちわであおぐと水分がとんでツヤツヤになるよ。

    (3)卵を ( )

     ボウルに卵を()り入れてよく混ぜ、砂糖と塩を入れて混ぜよう。フライパンに油を入れて熱したら、一度(いちど)ぬれぶきんにフライパンをのせて()やして。キッチンペーパーで油をふき()った(あと)、卵を全体(ぜんたい)にいきわたるように(うす)くひろげ、弱火(よわび)で焼く。

    (4)ひっくり ( かえ )

     卵の表面(ひょうめん)(かわ)いたら(さい)ばしなどを()ん中に(とお)してひっくり返そう。ひっくり返したら、(うら)はちょっと加熱(かねつ)するだけでOK。焼き上がったらキッチンペーパーの上にのせ、余分(よぶん)な油を切る。

    (5)男びなづくり

     しゃもじ1(ぱい)分のすし(めし)でおにぎりを二つつくって、男びな、女びなにしてみよう。

    半分(はんぶん)に切った(うす)焼き卵を着物に見立てて胴体(どうたい)(おにぎり)に()きつけ、ゆでたミツバを(おび)に見立てて(むす)
    底側(そこがわ)を上にしたウズラのゆで卵((あたま)になる)をつまようじで胴体にさす
    ■ノリを(かみ)(かんむり)(かたち)に切り、水をつけて()りつけ、(くろ)ごまで目をつける

    ■ゆでた小松菜を(こま)かく切って襟元(えりもと)()()

    (6)女びなづくり

    ■ゆでたパプリカを5ミリ(はば)くらいにカットして着物の襟に見立てて首元(くびもと)()
    ■薄焼き卵半分を着物のように巻きつけ、花形(はながた)()いたパプリカを()けたつまようじで()める
    ■女びなの頭は底側を下にしたウズラの卵をつまようじで胴体にさす
    ■ノリで作った髪と、黒ごまの目を付け、切り込みを入れた1cm(はば)のパプリカを髪(かざ)りに

    【できちゃうポイント】

    • 植野美枝子(うえの・みえこ)先生
      植野美枝子(うえの・みえこ)先生

      すし飯用のごはんは、水を(すく)なめにして(かた)めに()きましょう。合わせ酢を作るときの配分(はいぶん)は、酢:砂糖:塩が4:2:1が目安(めやす)です。

     今回(こんかい)は、白いすし飯で男びな、女びなを作りましたが、五目ずしで作ってもOK。五目ずしの場合(ばあい)は、すし飯が(あたた)かいうちに、市販(しはん)の五目ずしのもとなど、(あま)()たニンジンやタケノコなどを混ぜましょう。

     ハムやサーモンの着物を着きた三人官女(かんじょ)、小松菜の()部分(ぶぶん)を巻いた五人ばやしなど、()きなネタを使(つか)いアレンジして(たの)しく作ってくださいね。

    2018年03月01日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP