文字サイズ
    海外セレブの最新情報を、専門ライターがお伝えします。

    新スパイダーマンに大抜擢…トム・ホランド

    • Tom Holland(トム・ホランド)1996年6月1日、イギリス・キングストン・アポン・テムズ生まれ(ロイター)
      Tom Holland(トム・ホランド)1996年6月1日、イギリス・キングストン・アポン・テムズ生まれ(ロイター)

     今年8月に日本公開される映画「スパイダーマン:ホームカミング」で主役に抜擢(ばってき)されたトム・ホランド。現在20歳の注目の英国人若手俳優です。

    大役ゲットをSNSで知る

     スパイダーマンシリーズの最新作「スパイダーマン:ホームカミング」でトム・ホランドは主人公ピーター・パーカー/スパイダーマンを演じています。映画の詳しいストーリーは明かされていませんが、トム演じるピーターは、部活のノリで街を救う高校生。アイアンマンからその能力を認められ、真のヒーローへと導かれていきます。

     トムは元々スパイダーマンの大ファンで、子供の頃からコスチュームを集めており、スパイダーマンが描かれたベッドシーツも持っているほどだとか。そのため、新キャストのオーディションが発表されると、すぐにエージェントに電話し、オーディションを受けられるようにお願いしたそうです。

     実はその時点でエージェントの元には、トムの自己PR動画を送るようリクエストが来ていたのだとか。そこでトムは小さい頃、体操をやっていた特技を生かし、自己紹介とともにバック転、側転など運動能力の高さをアピールする動画を撮影し、送付したそうです。

    • 2016年、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」のヨーロッパプレミアでファンと写真撮影(ロイター)
      2016年、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」のヨーロッパプレミアでファンと写真撮影(ロイター)

     さらにスクリーンテストなどを受け、結果が判明したのは1か月後。ベッドに寝転びながら写真共有サービスのインスタグラムを見ていたとき、製作会社マーベルの「次のスパイダーマンが誰か、サイトをチェック」という投稿を発見。パソコンでサイトを開いたところ、「新しいスパイダーマンはトム・ホランド」という発表を目にしたそうで、キャスティングされた本人にとってもサプライズな発表だったとか! トムは「ものすごく驚いて、大喜びしたよ」と振り返っています。

     その後、ニューヨーク・ブロンクスにある高校で、アメリカの高校生活を極秘体験するなど、役作りをしたトム。そんなトムのピーター・パーカー/スパイダーマンについては、スパイダーマンのコミック原作者スタン・リーも、「トムはスパイダーマンを演じるために生まれてきた」と太鼓判を押しており、ファンの期待は高まっています。

    映画デビューは「借りぐらしのアリエッティ」

    • 2013年、映画「インポッシブル」の監督フアン・アントニオ・バヨナ(右)とスペイン映画祭のレッドカーペットに登場(ロイター)
      2013年、映画「インポッシブル」の監督フアン・アントニオ・バヨナ(右)とスペイン映画祭のレッドカーペットに登場(ロイター)

     コメディアンの父親、写真家の母親のもとに生まれたトムは、子供の頃からヒップホップのダンスを習い、10歳のとき映画「リトル・ダンサー」の舞台版「ビリー・エリオット」の振付師からスカウトされたそうです。それから約2年のトレーニングと8回のオーディションを経て、2008年に「ビリー・エリオット」でミュージカルデビュー! スマッシュヒットとなったこの作品で、トムは主人公の親友役、後に主役ビリー役を演じ、10年にビリー役を卒業しました。

     その当時、彼は「ずっと、何かパフォーマンスをしたいと思っていたけれど、映画俳優になるとは思っていなかった」と、米誌「ハリウッド・リポーター」で振り返っています。

     そんな彼の映画デビューは、スタジオジブリのアニメーション映画「借りぐらしのアリエッティ」のイギリス版における翔役の声の吹き替えでした。そして04年に起きたスマトラ島沖地震に被災したスペイン人家族の実話を基に描いた映画「インポッシブル」での長男ルーカス役でロンドン映画批評家協会賞、米国映画批評会議賞などを受賞し、世界的に注目を浴びました。

    • 映画「インポッシブル」で母親役を演じたナオミ・ワッツとパームスプリングス国際映画祭に登場したトム(ロイター)
      映画「インポッシブル」で母親役を演じたナオミ・ワッツとパームスプリングス国際映画祭に登場したトム(ロイター)

     さらに映画「白鯨との闘い」では、巨大鯨に船を大破され漂流する船の乗組員を演じたトム。この作品では食料も尽き、飢えて漂流する乗組員を演じるため俳優たちは過酷なダイエットを行ったことで知られていますが、トムも1日にゆで卵1個、キノア、ごく少量の鶏肉、時々おかゆしか食べない、1日500カロリーという、超低カロリーな食生活に耐えたことを米誌「バラエティ」で明かしています。その後はスパイダーマンのためにボクシングなどで筋肉をつけているトム。演技力とともに体を張った役作りが求められる作品への出演が続いています。

    新恋人をお披露目?

     子役として仕事をしながらも、「学校をちゃんと卒業することは僕にとってすごく重要だった」と米誌「ハリウッド・リポーター」に語るなど、トムは普通の生活も大切にしている様子。恋愛では、幼なじみで新人映画監督のエル・ロザリントンと交際していました。

    • 2012年、ハリウッドで行われた「インポッシブル」のプレミアに出席しました(ロイター)
      2012年、ハリウッドで行われた「インポッシブル」のプレミアに出席しました(ロイター)

     しかし、昨年、破局が伝えられたトムに新恋人のウワサが浮上!

     今年2月、トムは英国アカデミー賞で新人賞にあたるEEライジングスター賞に選ばれました。そのアフターパーティーで女優エラ・パーネルと仲よくしているところが目撃され、さらにパーティーの後、トムが宿泊していたホテルをエラが訪れたと英紙「ザ・サン」が伝えています。エラは映画「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」などに出演していた若手女優で、今後のふたりの恋の行方も気になるところ。これからは仕事だけでなく、恋愛でも、トムは注目を集めることになりそうです。

    【Profile】Tom Holland(トム・ホランド)1996年6月1日、イギリス・キングストン・アポン・テムズ生まれ。2008年にロンドン・ウエストエンドで大ヒットを記録したミュージカル「ビリー・エリオット」で舞台デビュー。10年にアニメ「借りぐらしのアリエッティ」のUKバージョンで翔役の声を演じたことでも知られています。映画「インポッシブル」で世界的に名を知られるようになり、「白鯨との闘い」「ザ・ロスト・シティ・オブ・Z」などに出演。今年8月公開の「スパイダーマン:ホームカミング」でピーター・パーカー/スパイダーマン役を演じています。

    2017年03月22日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    
    プロフィル
    太田万紀子 (おおた・まきこ
    海外セレブ専門のフリーランスライター&エディター。海外セレブ専門誌編集を経て、現在フリーランスで活動。ブリトニー・スピアーズ、リンジー・ローハン、パリス・ヒルトンなど元祖お騒がせセレブに加えて、アイドル、セレブキッズの動向から目が離せず、海外雑誌やサイトを見まくる日々。シャイロちゃん、スリちゃんの成長ぶりに癒されています。


    くらげっとのつぶやき
    発言小町ランキング
    アーカイブ