文字サイズ
    海外セレブの最新情報を、専門ライターがお伝えします。

    地味な弟がついに兄を超えた! ケイシー・アフレック

     映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」(5月13日から日本公開)で本年度のアカデミー賞主演男優賞を受賞したケイシー・アフレック。兄のベン・アフレックとは対照的で地味な存在でしたが、一躍脚光を浴びています。

    マット・デイモンとは長年の友人

     米マサチューセッツ州で生まれたケイシーは、決して裕福とはいえない家庭で育ちました。

     英紙「デイリー・テレグラフ」によると、両親が離婚した後、ケイシーとベンは母親が仕事で出かけている間、一緒に遊んでいたのだとか。また、ケイシーはベンの幼なじみとして知られているマット・デイモンとも仲が良く、彼と同じ演劇のグループに所属していたそうです。

     母親の友人がキャスティング・ディレクターをやっていたことから、兄弟は幼い頃から地元の広告や映画にエキストラで出演。ケイシーは、ローティーンのときにテレビ映画「Lemon Sky(原題)」で俳優デビューしました。

     高校を卒業後、ロサンゼルスに引っ越したケイシーは映画「誘う女」に出演し、ハリウッドの世界に足を踏み入れました。それから約2年後、兄のベンが大ブレイク! ケイシーも出演している映画「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」でベンとマットがアカデミー賞脚本賞を受賞したのです。

     その後、売れっ子となったベンとは対照的に、ケイシーは“ベン・アフレックの弟”として知られてはいるものの、兄のようにスポットライトを浴びることなく、地道に映画出演を続け、そして、ついにブラッド・ピット主演作「ジェシー・ジェームズの暗殺」でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされました。「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」から約10年という年月を経て、彼の俳優としての才能がようやく高く評価されたのです。

    人気俳優の妹と結婚

     プライベートでは、俳優のホアキン・フェニックスの妹で女優のサマー・フェニックスと2006年に結婚。ふたりはホアキンの紹介で知り合ったそうです。

     ケイシーとサマーはふたりの息子に恵まれ、一緒にレッドカーペットに登場するなど、セレブカップルとして世間に知られる存在でした。ところが、昨年3月、夫婦は別居をしたことが明らかに。米紙「デイリー・ニューズ」によると、友好な関係を保ったまま別居したのだとか。その一方で、英紙「デイリー・メール」電子版は夫婦でカウンセリングを受けたけれど、修復不可能だったと報じました。

     夫婦としての関係はうまくいかなかったものの、女優としてサマーのことを尊敬していると明かしているケイシー。破局後、米誌「VARIETY」のインタビューで「僕には才能だけではなく、成功も手に入れた親しい友人や家族がたくさんいる。サマー・フェニックスはとても才能のある女優だよ。彼女の兄であるホアキンもね」とコメントしています。

    影のような存在からオスカー俳優に!

     長年、“兄ベンの影のような存在”といわれてきたケイシーが、ついにブレイクを果たすことになった映画が「マンチェスター・バイ・ザ・シー」です。

     ケイシーは、兄の遺言によって16歳の(おい)の後見人となり、故郷に帰ってきた主人公リーを演じています。二度と戻ることはないと思っていた故郷で過去の悲劇と向き合う主人公を、繊細かつ圧倒的な演技力で表現。今年、第89回アカデミー賞で見事、主演男優賞を獲得しました。

     授賞式では「僕がここにいるのは、多くの才能ある人々、そして何よりもこの役を書いてくれたケネス・ロナーガン監督のおかげです。もっと意義深いことを言いたいのですが、このコミュニティーの一員であることを本当に誇りに思います」「マット・デイモン、このような機会を与えてくれてありがとう」と涙ぐみながらスピーチ。同作のプロデューサーであり、長年の友人であるマットにも感謝を述べました。

     受賞の喜びを抑えきれない様子が伝わってくる感動的なスピーチでしたが、ケイシー本人は授賞式のバックステージで、このスピーチの内容について後悔をしていると告白。ケイシーは「バックステージに行ってから3秒後に息子から電話があってこう言われたんだ『僕たちの名前を言わなかったね』って。すごく落ち込んだよ」と語っています。

     授賞式では伸び放題のヒゲとラフなヘアスタイルで、タキシードとのアンバランスなルックスが注目されたケイシーですが、映画の役づくりのためなのだとか。

     さらなる活躍が期待されるケイシーから、今後も目が離せません!

    【Profile】Casey Affleck(ケイシー・アフレック)1975年8月12日、アメリカ・マサチューセッツ州生まれ。子役としてテレビ映画に出演し、95年、映画「誘う女」でスクリーンデビュー。「ジェシー・ジェームズの暗殺」で第80回アカデミー賞助演男優賞にノミネート。「ゴーン・ベイビー・ゴーン」「インターステラー」など多くの作品に出演し、今年、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」でアカデミー賞主演男優賞を受賞する。

    2017年03月29日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    
    プロフィル
    桜井美和 (さくらい・みわ
     海外セレブ専門のフリーランスライター&エディター。海外セレブ専門誌編集を経て、現在フリーランスで活動。アンジェリーナ・ジョリー、キャメロン・ディアスなど大人セレブからティーンセレブまで、ゴシップと私服は欠かさずチェック。海外ドラマを観るのが日課で、恋愛、クライム系とジャンルを問わず何でも大好き。原稿はボン・ジョヴィ(大ファン☆)を聞きながら、テンションあげて書いてます。「CELEBLOG」http://www.celebtimes.net/


    くらげっとのつぶやき
    発言小町ランキング
    アーカイブ