文字サイズ
    健康的にキレイになりたい人に、おすすめの美容情報をお届けします。

    プルッとした美肌に見せる、チークの入れかた

     生まれ持った肌が汚くてもメイクで美肌に見せたい!

     化粧ノリが悪い肌質の私が、自身の体験から「脱・化粧ノリの悪さ」「化粧崩れしても美肌に見せる」という視点で、スキンケア~メイクのポイントを紹介します。

     とくに毛穴が目立ち始めるアラサーから重要味を帯びてくるテーマです。スキンケアによる土台作り~ファンデ、パウダー使いを経て、前回は「くすみに効くチークの色」でした。

     その延長で今回は、頬がふっくら、化粧ノリがよさそうに見えるチークの形を紹介します。

    アラサーからは2色使い

     「2色使い? そんなのやってるよ」ですが、2色使いって単に発色のよい濃いめチークをぼかすためのものではありません。

     アラサーから、自分でも気づかないうちに顔の肉づきが変化し、頬の上側がそげ、頬骨の下がコケてきちゃいます。そんな頬に美肌ニュアンスを与えてくれるのがチークの2色使い。

    減ってきた肉を薄ピンクで補う

     化粧ノリがよさそうなプルッとした美肌に見せるには、化粧品カウンターの人曰く、チークで頬をふっくら見せるのが有効だそう。

    1.発色のよいピンクチークを、狭い範囲にボンッと入れる

    2.薄ピンクを「こ」の字を書くように「三日月型」に入れる

     鏡をちょっと引き気味にしたり横から見たりして、どの部分の肉が足りないのかチェック。減ってきた肉を補うように薄ピンクを入れ、膨らませるのがポイント。

     薄ピンクはパール入りが効果的ですが、パールによっては毛穴を目立たせてしまうものもあるので、頬中央の毛穴部分にかからないよう要注意。

     これまでチークは大きいブラシでふんわり入れていましたが、細めのチークブラシで「狙ったところだけに確実に入れる!」も大事だと実感。

     吸い込まれるかのうような頬のニュアンスを出せるよう、チークで丁寧に作り込みたいですね。

     次回でラスト。最善を尽くしたあとは、顔の肌以外の影響を利用して美肌っぽさを出す、錯覚の使いかたです。

    cosmetics image via shutterstock

    (c)Mediagene Inc. All Rights Reserved.

    2015年02月28日 Copyright © The Yomiuri Shimbun


    くらげっとのつぶやき
    発言小町ランキング
    アーカイブ