文字サイズ
    毎日の献立に役立つレシピを紹介します。
    缶詰活用法

    牛肉大和煮と卵の中華風


    1人分
    エネルギー 223kcal
    塩分 2.5g


     スパイス使いに技あり
     味付けの濃い大和煮の
     缶汁ごと煮込みます。
     味のしみた卵も絶品

     

    ▼材料[2人分]

    ・卵(室温に戻す)…2個
    ・牛肉の大和煮缶…2個(約175g)
    ・水…1/2カップ
    ・紹興酒…大さじ1
    ・A
     シナモンスティック…1本
     八角…1個
    ・オイスターソース…小さじ1/2
    ・青梗菜…1株(100g)
    ・サラダ油…小さじ1
    ・塩…少々

     

    作り方

    1・卵をゆでる

     鍋に湯を沸かし、卵を入れて6分ゆでます。水に取って冷まし、殻をむきます。

    2.煮る

     別の鍋に牛肉の大和煮を缶汁ごと入れ、(1)のゆで卵、分量の水、紹興酒、Aを加えて中火で熱します。煮立ったらオイスターソースを加え、落としぶたをして、時々ゆで卵の上下を返しながら、弱火で10分ほど煮ます。

    3.青梗菜をゆでる

     青梗菜は葉と茎に分けます。別の鍋に湯を沸かして油と塩を加え、青梗菜の茎、葉の順に入れてゆで、ザルに上げて湯を切ります。

    4.盛りつける

     (2)のゆで卵は縦半分に切ります。器に(3)の青梗菜、(2)の牛肉、ゆで卵を盛り合わせ、煮汁を注ぎます。

    ■Aのスパイス類はどちらか1種類でもよく、そのほか、黒コショウ4~5粒を使ってもおいしくできます。

    ◆最新の読売クック・ブックは…

    ふだんのおかずにも、おもてなしにも。

    もっとおいしく、役立つ缶詰レシピ

     缶詰は、非常食としてはもとより、忙しくて買い物に行けない時、お財布がピンチの時にも大活躍のお助け食材。次号はさらに、缶詰の魅力全開。「これが缶詰メニュー?」と驚く料理の数々をご紹介します。使用するのは、サバ缶や焼き鳥缶、トマト缶など、身近なものばかり。“使える”缶詰レシピ、ご期待ください。

     「読売クック・ブック」は、読売新聞をご購読いただいている読者の皆さまへ、毎月、YC(読売センター)からお届けしているPR冊子です。ご希望の方は、お近くのYCへお早めにお申し込み下さい。(在庫切れの際は、ご容赦下さい。一部、取り扱わない販売店もございます)

    2017年03月13日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ


    くらげっとのつぶやき

    グルメ情報満載!クーポンでおトクに!(FOOMOO)

    左の条件で検索