文字サイズ
    2014年に100周年の読売新聞くらし家庭面。特集記事などを掲載します。

    【No.5】スパゲティのタラコあえ イタリアンに和の風味

    • タマネギとレモン汁が入って、さっぱりした味わい=藤原健撮影(調理、撮影協力・ベターホーム協会)
      タマネギとレモン汁が入って、さっぱりした味わい=藤原健撮影(調理、撮影協力・ベターホーム協会)

     昭和の人気デュオ「ヒデとロザンナ」のロザンナさん(63)は、家庭でタラコスパゲティをよく作る。17歳でイタリアから来日。テレビや書籍でイタリアの家庭料理を伝える仕事も続ける。「タラコスパゲティは、日本の食材をうまく取り入れていて、いいと思う」。キノコやカイワレを入れて、のりを載せることも。

     出会ったのは30年ほど前、東京都内のスパゲティ専門店。「丼のような器に、ものすごいピンク色の麺が入ってたの。何だこれはと思ったけど、食べたらすごくおいしかった」

    • 「イタリア料理にもっと日本の食材を取り入れてみたい」と話すロザンナさん(東京都内で)=佐藤俊和撮影
      「イタリア料理にもっと日本の食材を取り入れてみたい」と話すロザンナさん(東京都内で)=佐藤俊和撮影

     ただ、若い頃に、ナポリタンを食べたときは、「ぶよぶよの麺で、ものすごくショックだった」と苦笑いする。

    ナポリタンかミートソースが定番

     パスタの普及は、戦後のこと。1955年(昭和30年)には、マカロニが発売され、ほどなくスパゲティが続く。日清フーズによると、今ではイタリア同様デュラム・セモリナという小麦粉100%だが、当時はパン用小麦の強力粉が使われ、麺が太く、うどんに近い感じだったようだ。

     その後スパゲティといえば、ナポリタンかミートソースという時代が続いた。新風を吹き込んだのが、「和風スパゲティ」だ。

     読売新聞家庭面にも1976年(昭和51年)に和風スパゲティとして、「タラコあえ」が登場する。100年レシピの選考会では、「カルボナーラでもペペロンチーニでもなく、和風が先にはやるところが日本らしい」と、このレシピが選ばれた。海外の料理を大胆に和風にするのは、日本の得意とするところだ。

     レシピでは、それまでのゆでた麺をいためる作り方から、ゆであげの麺と具をあえる調理法になっている。さっぱりした味わいでおいしいが、タラコが少ないのが物足りない。

    1960年代ブームに

     和風パスタが話題になったのは60年代。63年に東京・渋谷に開店したスパゲティ専門店「壁の穴」は、納豆やシイタケなど日本の食材を生かしたメニューを次々生み出した。67年には、タラコスパゲティを販売。同社取締役の飯塚昌良さん(54)は、「お客の持ち込んだキャビアを使ったらおいしかった。もっと手軽にできるものを研究し、タラコに至ったようです」と話す。

     当時、タラコと言えば、焼いて食べるもの。それをゆであげスパゲティにあえるのだから、「最初は気持ち悪がられた」と飯塚さん。しかし、スパゲティにタラコがよく絡まり、あっさりした中にうま味が感じられる驚きのおいしさ。人気メニューとなった。

    パスタソースも百花繚乱

     1980年代のバブル期に「イタメシブーム」が到来。本場イタリアの様々なパスタメニューが知られるようになった。家庭面のレシピでも、フェットチーネやペンネなど様々なパスタが登場する。

     家庭用のパスタソースも百花繚乱りょうらんの様相だ。和風味を多数出している日本製粉によると、「タラコに次いで有望なのは高菜」だとか。

     すっかり日本の食卓に浸透したパスタ。ロザンナさんはその理由をこう考える。「日本はイタリアと似てるでしょ。旬の野菜や魚介を使い、シンプルな調理で素材そのものを生かして食べるところが。麺類が大好きで、面倒くさがり。だから、簡単にできるパスタが受け入れられたと思う」(小坂佳子)

     「100年レシピ」No.5 スパゲティのタラコあえ

     【材料=4人分】 スパゲティ300g/タラコ1腹/タマネギ1/4個/レモン汁大さじ1杯/しょうゆ少々

     【作り方】〈1〉大きめの鍋にたっぷりの湯を沸かし、少し塩気が感じられるくらいに塩を加え、煮えたぎっている中にスパゲティをパラパラと広げながら入れて、はしでかき混ぜ、底に焦げ付かないようにして13、14分間ゆでる。1本引き上げ固さをみて、しんがわずかに残っているくらいのところで引きあげて湯を切り、ボウルに移す〈2〉タラコは包丁の背でしごいて中身を取りだし、小ばちに入れ、レモン汁としょうゆを加える。タマネギをみじん切りにしふきんに包み、塩少々加えてよくもみ、水で洗い、水分をよく絞って加え、かき混ぜてほぐし、スパゲティに混ぜ合わせて皿に盛り分ける。【1976年(昭和51年)2月25日掲載】

    2014年04月11日 Copyright © The Yomiuri Shimbun


    くらげっとのつぶやき
    発言小町ランキング
    アーカイブ