文字サイズ
    女性に関心の高い最新ニュースをお届けします。

    乾燥肌はなぜかゆい?

    神経過敏に刺激受けやすく

     冬は肌が乾燥し、かゆみに悩まされる。かゆみはなぜ起きるのか。防ぐ方法はあるのか。

     皮膚の表面には、刺激や異物を防ぐバリアがある。「角層」と「皮脂膜」だ。

     角層は角質細胞がレンガの塀のように規則正しく並んでいる部分。角質細胞は、死んだ細胞で、いわゆるあかのことだ。皮脂膜は皮脂と汗からなり、角層を覆っている。

     「角層はスポンジのように水分を抱え込んで、水分を保ち、皮脂膜は水分の蒸発を防ぐ天然の保湿クリームのようなものです」。順天堂大浦安病院皮膚科学教授の須賀康さんはこう説明する。

     健康的な皮膚は軟らかくしっとりしている。しかし、冬は汗や皮脂の量が減る。寒さで血液の循環が悪くなると、角層で水分を保つ働きをする物質の分泌も少なくなる。

     皮膚が乾燥して硬くなり、ひび割れたり、はがれたりして荒れ、すき間ができてしまう。できたすき間からも水分が蒸発しやすくなる。かさかさになった状態が乾燥肌だ。

     乾燥肌には、ほこりなどの異物が外側から入りやすくなる。また、衣服による摩擦などの刺激も受けやすくなる。

     かゆみを感じる知覚神経(かゆみ神経)は、通常は皮膚の奥の方にあるが、肌が乾燥すると、異物や刺激を警戒し、皮膚の表面まで伸びてくる。かゆみ神経に、異物や刺激が接することで、かゆみが生じる。

     須賀さんは、「かゆみは本来、異物などをひっかいて落とすという合理的な機構です」と話す。ただ、せっけんやシャンプーで体を洗う習慣、エアコンの普及など、現代の生活では、皮膚は乾燥しやすく、わずかな刺激でも反応しやすくなっている。

     かくと過敏になって余計かゆくなる。かきすぎると湿疹になったり、細菌感染で化膿かのうしたりする。東京逓信病院皮膚科部長の江藤隆史さんは、「乾燥しやすい人はひどくならないように保湿を心がけ、肌の状態を整えることが大事だ」と話す。保湿してもかゆみが続いたり、広がったりした状態になったら、皮膚科を受診する。

     皮膚は年齢とともに皮脂などの分泌が少なくなり、乾燥しやすくなる。40、50代から乾燥が目立つようになる。

    体洗いすぎると「保湿」機能低下

     肌の乾燥を防止するには生活習慣の見直しが大切だ。よしき皮膚科クリニック銀座(東京)院長の吉木伸子さんは、「入浴時、全身を毎日せっけんで洗う必要はありません」と話す。洗いすぎると、皮脂や皮膚の水分を保つ成分が流し取られてしまうからだ。背中や腰周り、ひざ下など、乾燥しやすい部分は、皮脂が少ないので、せっけんで洗うのは週1、2回に。残りの日はお湯で洗う。

     入浴後の保湿も大切だ。乾燥しやすい部分に市販の保湿クリームをしっかりなじませるように塗る。翌朝に塗った部分をチェックし、乾燥している場合は、塗る量を増やす。塗る頻度は1日に1、2回。

     乾燥した肌は、衣服による摩擦や圧迫などの刺激で余計かゆくなる。縫い目の硬いものや毛羽立った素材などは避ける。靴下や下着は締め付けないものにし、伸縮性のある服を選ぶ。

     また、血行がよくなると知覚が過敏になりかゆみが増すので、アルコールや辛いものは控えたほうがよい。

    2016年12月29日 Copyright © The Yomiuri Shimbun


    くらげっとのつぶやき
    発言小町ランキング
    アーカイブ