文字サイズ
    掲示板「発言小町」の投稿から、注目の投稿や最新のトレンドなどについてお伝えします。

    それを言っちゃおしまい? 謝罪もなく逆切れの彼女に幻滅したひと言

    • 画像はイメージです
      画像はイメージです

     付き合っている彼女が思い出の品を壊したら、どうしますか? 父親の形見の古い車を傷つけた彼女に怒ったら、「たかが車でしょ?」と逆切れされ、彼女への気持ちが一気に冷めてしまった男性からの相談が掲示板サイト「発言小町」に届きました。

     トピはこちら⇒「たかが車でしょ?

     34歳のトピ主「KG」さんは、趣味人だった父親が乗っていた古い外国車を譲り受け、大切に保管しています。付き合って1年になる1歳年上の彼女にせがまれ、初めて乗せてあげました。あらかじめ注意していたにもかかわらず、彼女は駐車場で勢いよくドアを開け「ガンッ」とぶつけてしまいました。彼女は「たかが車でしょ?」と謝らないどころか逆切れ。結婚も考えていた彼女への気持ちは「氷点下」まで冷めてしまったそうです。「その日のうちに別れ話をしたのですが、連日電話や家に来たり、復縁を迫ってきます。『車のことくらいで』『結婚するつもりだった』『この年齢で別れられない』。全ての言葉がカンに触ります」と、怒り心頭の様子です。

     女性ユーザーが多い発言小町ですが、大事にしているものを雑に扱い、謝罪もしない彼女に対し、「価値観が違う人と結婚しても無理。別れて正解」や「結婚に執着する彼女にしつこく付きまとわられないように気をつけて!」「車の修理代を請求しては?」など、トピ主さんを擁護する意見が多く寄せられました。

     一方で、「あきれて別れるのは理解できますけど、34歳で形見の車をぶつけられたからといって怒りをあらわにするのは大人気ないですよ」という意見もありました。

     とはいえ、「100年の恋」も一瞬にして冷めてしまった「たかが車でしょ?」のひと言。「口は災いの元」。一度発した言葉は引っ込められません。結婚を夢見ていた相手の女性にとっては、取り返しがつかないひと言でした。「覆水盆に返らず」といいます。復縁は難しいのでしょうか。恋人同士とはいえ、育った環境も価値観も違います。相手を尊重し、思いやりを持ちたいですね。みなさんはどう思いましたか?

    【紹介したトピはこちら】「たかが車でしょ?

    2017年01月12日 Copyright © The Yomiuri Shimbun


    くらげっとのつぶやき
    発言小町ランキング
    アーカイブ