文字サイズ
    掲示板「発言小町」の投稿から、注目の投稿や最新のトレンドなどについてお伝えします。

    電話の自動音声セールス どう対応すればいいの?

    • 画像はイメージです
      画像はイメージです

     最近、家の固定電話に、自動音声で相手が一方的に商品説明をするセールス電話がかかってきて困っているというトピ主の「テープ」さん。「こんなサービス利用する人いるの?」と、掲示板サイト・発言小町に疑問を投げかけました。

     トピはこちら⇒「自動音声のセールス こんなの利用する人いるの?

     受話器を取り「はい、○○です」と名字を名乗ると、先方は自動音声でセールストークを一方的に流します。うんざりした「テープ」さんは、途中でがちゃりと電話を切りました。

     「自動音声セールスの電話から実際に何かを購入したとか、何かを契約した方っているんでしょうか。こんな砂地に水をまくようなことして意味があるのか、本当に不思議です」と言っています。また、「拒否したいけど、やり方もわからず…。」と、トピ主さんはアドバイスを求めています。

     それに対し「詐欺かもしれないのですぐ切るべき」「電話番号が生きているか確認している」「折り返しの電話をしてはダメ」「空き巣かもしれない」など、犯罪を危惧する声が多く寄せられ、「着信拒否を」と勧めています。

     ところが、テレフォンオペレーターのアルバイトをしているという「ゆきりん」さんは「うちの事務所にも自動音声が導入されました。社員の人と話していて『こんなので売れるの?』なんて言っていたのですが、これが反応あるんです! びっくりでしょ? 即切る人のほうが多いですが、一定数の人からは反応があるので、こちらから今度は人間が(笑)電話かけなおしています」とのことです。バイト仲間とは「そろそろ私たちもリストラ?」と心配しているそう。

     一方で、セールスではなく自動音声によるアンケートの回答を求める電話を受けた人もいて、プッシュボタンを押し、選択肢に答えるのだそうです。

     そんな中、「生身の人間からの電話は切りにくいが、自動音声ならすぐガチャッと切れる」という人もいました。

     人員削減のために導入を進めている企業も増えているのかもしれません。「数打ちゃ当たる?」とランダムに電話をかけて、その内、少数でも反応があればOKということなのでしょうか。どうしてもいやなのであれば、電話番号が表示できたり、着信拒否ができる機種の電話機にするしかないかもしれませんね。あなたは自動音声セールスに応答しますか?

    【紹介したトピはこちら】「自動音声のセールス こんなの利用する人いるの?

    2017年02月27日 Copyright © The Yomiuri Shimbun


    くらげっとのつぶやき
    発言小町ランキング
    アーカイブ