文字サイズ
    発言小町で話題になっている事柄を、専門家らの意見も交えながら掘り下げます。
    小町拝見

    草食男子、その実態は…深澤真紀

     「恋愛経験ない草食男子」など発言小町でも話題になることが多い草食男子は、私が2006年に名付けたものだが、「消極的」というネガティブな意味で使われることが多い。

     「男として頼りないし情けない」などと、小町での評判も悪い。

     しかし、実は「恋愛やセックスにがつがつせず、女性とも対等な関係を持て、家族や地元を大事にする若者」というほめ言葉だった。それがいつの間にか「女性がもてないのも車が売れないのも、みな草食男子のせいだ」とすっかり悪者になってしまった。私自身はこうやって何度も「そうではない」と書いているのだが、なかなか誤解は解けない。

     「恋愛しない」と言われるが、「恋人がいるか」という調査では、バブル期の1987年も、2010年も20%程度とその数は変わらない。「性経験があるか」に至ってはバブル期から増えている。ただ、流行のデートスポットに行ったり、高価な食事やプレゼントをしたりといった「見栄みえ恋愛」をしないので、ニュースになりにくいだけなのだ。

     「内向き」とも言われるが、1985年に日本人留学生は1万5000人程度しかいなかったが、2012年で6万人程度と4倍もいる。アメリカに行く留学生の割合が減っただけで、さまざまな国に留学していて、むしろグローバルになっているのだ。また「消費しない」とも言われるが、きちんと調べてコストパフォーマンスのいい物を買う、「見栄消費」をしない賢い消費者になっている。さらに犯罪も交通事故も加害者になる若者の数は減っていて、要するにマスコミや経済界が日本の元気がなくなった原因を若者のせいにしているだけだ。

     バブル期に日本の女性の生き方が多様化したように、長い不景気の日本で男性の生き方も多様化したのだ。「男らしさ」や「女らしさ」は、趣味にする分にはいいが、それに縛られると生きにくくなってしまう。いろいろな生き方をする男性や女性がいる世の中の方が面白い。

    深澤 真紀(ふかさわ・まき)
     コラムニスト、淑徳大学客員教授。1967年、東京都生まれ。2006年「草食男子」「肉食女子」を名付けた。著書に「日本の女は、100年たっても面白い。」。
    2015年05月18日 Copyright © The Yomiuri Shimbun


    くらげっとのつぶやき
    発言小町ランキング
    アーカイブ