文字サイズ
    大手小町15周年を記念し、連載やイベント情報などをお届けします。

    子育てイベント「これで解消! イライラ子育て」が開催されました

    • 第1部のトークイベントに出演した(左から)辺見えみりさん、大日向雅美さん、渡辺大地さん=高梨義之撮影
      第1部のトークイベントに出演した(左から)辺見えみりさん、大日向雅美さん、渡辺大地さん=高梨義之撮影

     ヨミウリ・オンラインの女性向けページ「大手小町」15周年を記念したイベント「これで解消! イライラ子育て」(読売新聞東京本社主催、明治、日本公文教育研究会協賛)が8日、「よみうり大手町ホール」(東京都千代田区)で開かれました。

    「イライラは一生懸命赤ちゃんと向き合っている証拠」

     この日は開場時間が近づくにつれ、かわいらしい子どもたちの声が社屋に聞こえ始め、赤ちゃんを抱っこしたお母さんの姿も目立つように。スーツばかりの普段の様子とは異なり、にぎやかな雰囲気に包まれました。参加人数は、お子さんも含め約330人! お集まりいただいた皆さま、本当にありがとうございました。

     第1部のトークイベントでは、「なかなか寝てくれない」「休みの日でも夫が育児しない」など、イライラしがちな場面をお笑いコンビ「コンパス」がコントで紹介。1歳の長女を育てているタレントの辺見えみりさんが「つい怒りたくなるときは、まず子どもをギュッと抱きしめて心を落ち着かせます」と自身の体験を披露しました。

     産後サポート会社「アイナロハ」代表の渡辺大地さんは「イライラする理由を考えてみるのもおすすめ。意外に小さいことだったと気づけます」とアドバイス。恵泉女学園大学教授の大日向雅美さんは「イライラするのは一生懸命赤ちゃんと向き合っている証拠。つらくなったら周りの人に甘え上手になって」と勧めました。

    • イライラの解消法について、それぞれの出演者から体験談などが披露された=高梨義之撮影
      イライラの解消法について、それぞれの出演者から体験談などが披露された=高梨義之撮影

     読売新聞「くらし家庭」面の記事や、掲示板「発言小町」の子育てに関する投稿をスクリーンで紹介したところ、参加者からは「もっとたくさん聞きたかった」という声も寄せられました。

    飛び入り参加の子どもたちと“共演”

     第2部は、ピアニスト国府弘子さんによるコンサート。映画「となりのトトロ」のテーマ曲「さんぽ」を鍵盤ハーモニカで演奏しながら客席を回ると、子どもたちも真剣に聞き入っていました。人気曲「Let It Go~ありのままで~」(「アナと雪の女王」から)をみんなで合唱したり、最後にはステージに上がった子どもたちと国府さんが即興で“共演”したり、楽しいひとときを過ごしました。

     トークの詳しい内容は、後日、読売新聞「くらし家庭」面と「大手小町」で紹介する予定です。どうぞお楽しみに。

    2014年10月09日 Copyright © The Yomiuri Shimbun


    くらげっとのつぶやき
    発言小町ランキング
    アーカイブ