文字サイズ

    子供たちに読書のススメ…加藤浩次さん

     高校時代は勉強に身が入らなくって。

     授業中あまりに暇だからと教室の後ろの本棚から引き抜いたのが赤川次郎の小説でした。「これは面白い」とすぐに夢中に。以来、本が常に身近にあります。寝室のベッド脇は、まだ読んでいない本が山積みです。娯楽作品ばかりですけれど。

     最近は、中1の長女に小説をよく貸しています。気に入ってくれて、本を読んでから映画も見たようです。「どうだった?」「原作の方がよかったね」なんて、2人で盛り上がりました。

     小4の長男、小2の次女にも、この本を読ませたい、この映画を見せたい、何かを感じてほしいって思いがあります。例えば映画だったら、小3になったら「E.T.」、小5になったら「バック・トゥ・ザ・フューチャー」。長男には「酔拳」などと計画を立てているんです。

     9月に、僕の対談番組が本になりました。台本はなく、僕が気になったこと、知りたいことを何でも聞きます。相手は政治家やプロスポーツ選手、学者など一流の人ばかり。好きなことに打ち込んできた人の言葉は、力があり、生き方のヒントになる気がします。これから将来を考え始める娘や息子に、勧めたい1冊に加わりました。

     僕の武器は、何でもすぐ忘れること。だから、いつも新鮮な気持ちで質問ができる。これからも「知りたい」「分からない」という素直な思いをぶつけていきたいです。(聞き手・大広悠子、写真・小倉和徳)

     加藤浩次(かとう・こうじ)さん

     お笑いタレント。1969年、北海道生まれ。著名人の本音に迫る「加藤浩次の本気対談!コージ魂!!」(BS日テレ)に出演中。

    2014年11月04日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ


    くらげっとのつぶやき
    発言小町ランキング
    アーカイブ