文字サイズ
    「台所」から見えてくる様々な人生を描く連載小説。
    お知らせ

    クイズ「おりおり堂」…ナゾの食材の正体は?

     6月は、花嫁の“モンスター”ぶりから目が離せない連載小説「出張料理・おりおり堂」。

     「第3話 水無月 モンスターブライドと五色の極楽鳥」で、いよいよ結婚式当日を迎えましたが、ここで作者・安田依央さんからクイズが届きました。

     お題はイケメン料理人・仁さんが手がけた前菜の一つから。小説では、こんなふうに紹介されています。

     「黒焼きにしたパプリカのマリネには澄香が聞いたことのない種類のチーズと、肉のようだが肉ではない、ねっとり濃厚な味わいのうまみが詰まった何かを巻いてある。口に入れると、パプリカの濃厚な香りがじゅわりと拡がり、これまた結構な舌触りに、ずっしりくるうまみ。良い意味で乳臭いチーズ。そして、また正体不明のシャリシャリとした食感で、新たなリズムが加わる。」

     

     さて、「肉のようだが肉ではない、ねっとり濃厚な味わいのうまみが詰まった何か」の正体はいったい何でしょう?

     掲示板「発言小町」のトピ(http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2014/0619/664480.htm)から、ぜひ解答してください!

    2014年06月19日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ


    くらげっとのつぶやき
    発言小町ランキング
    アーカイブ