文字サイズ
    掲示板「発言小町」の投稿から、注目の投稿や最新のトレンドなどについてお伝えします。

    負担が大きいPTA 「一部外注にしては?」と提案の声

    • 画像はイメージ
      画像はイメージ

     4月になり新学年が始まりました。まさに今、新しくPTAの役員や委員になったという保護者も多いのでは? PTAの委員を務めているという、小2の息子を持つ専業主婦の「新米PTA」さんは、働きに出たいけれど、PTAの行事があると平日に休まなければならないため、「PTAをやりながら働くのは無理」と、仕事復帰をためらっているそう。「妄想ですが……」と前置きをしつつ、「『PTA役員代行業』なんてやったら需要あるんじゃない?」と、掲示板サイト「発言小町」に斬新な提案をしました。

    PTA、親は全員参加なの?

     PTA活動に疑問を持って退会した人が、ツイッターで「#PTAやめたの私だ」というハッシュタグをつけて投稿し、昨年話題になりました。今年も「#PTAやめた」という投稿が寄せられています。

     そもそもPTAとは「Parent-Teacher Association」の略で、保護者と教員からなる社会教育団体。「保護者同士の交流が広がる」「地域や学校のことがよくわかる」などの理由で、PTA活動を「やりたい」と役員や委員に立候補する人もいる一方で、「できればやりたくない」と感じる人も多いのではないでしょうか。

     保護者のPTAの加入は「任意」ではあるものの、実際には入学と同時に加入することになっている学校も多いようです。役員の決め方については、各学校に独自のルールがあり、立候補がなければ、推薦、くじびき、じゃんけん、持ち回りやポイント制というものもあるそうです。

    PTA活動はボランティア

     「発言小町」に寄せられた投稿の中には、仕事を持っていても「免責」されないという嘆きもありました。

     「PTA本部役員」という投稿では、シングルマザーの「匿名」さんがPTAの会合に仕事で遅れて参加したところ、“欠席裁判”で負担の重い役目に選出されかけたとか。

     PTAの活動はほぼ無報酬で“ボランティア”。本部役員を4年務めたという「元本部」さんは、「この時間外で仕事していたらいくらもらえるんだろう」と、考えたそうです。でも、「お金を取ってこの程度の仕事しかできないの?」と周りに思われたり、今以上に「サービスを要求」されたりするかもしれないと思い、「そんなならタダでいいよね」と、結局あきらめたとつづっています。

    どんな仕事が外注できる?

     「お金で解決できるなら、お願いしたい」と、「新米PTA」さんと同じような思いを持つ保護者から、様々な意見が集まりました。代行サービスやシルバー人材センターなどに有償で依頼するという案も。バザーや登下校の見守りや、広報誌の編集など、さまざまな業務があるので、保護者だけでなく、地域ぐるみで支えるという手もあるかもしれませんね。

     ただ、有償ということになると、「PTAの会費に報酬が上乗せされた場合、経済的に支払えない家庭もあるのでは?」という声もあり、現実的にはなかなかむずかしそうです。

     「お金を払うぐらいなら、PTAを退会すればいい」や、「PTAはもう時代遅れ」という意見もありました。昨年の5月30日から改正個人情報保護法が施行され、PTA活動の名簿作成時にも利用目的を知らせるなどの対応が必要になります。保護者の善意だけで運営するのは大変な時期に来ているのかもしれませんね。(メディア局・遠山留美)

    【紹介したトピはこちら】

    PTA役員代行業、あったら利用する?(駄)

    2018年04月12日 06時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun


    くらげっとのつぶやき
    発言小町ランキング