文字サイズ
    発言小町で話題になっている事柄を、専門家らの意見も交えながら掘り下げます。
    発言小町@新聞

    料理が全くできない婚約者

    [トピ]料理ができない男性について

     30代前半の女性。同い年の婚約者と同棲どうせい中で、これまでに数回、彼だけ休みの日に夕食の準備をお願いしましたが、ほとんど料理ができません。包丁の正しい握り方も分からず、お湯を沸かせば火をつけっぱなし。私が、煮込むだけの料理を「見ていて」と頼んでも焦がす始末で、イライラします。基本的なことくらいは覚えてほしいのですが、うまくおだてながら教えるしかないのでしょうか?(あんこ)


     ※トピは⇒こちら


    [レス]興味もないのでは/基本から正確に指示/苦手なもの誰にでも/努力する姿勢が大事

    ■それは重症かも…

    • イラスト・山崎のぶこ
      イラスト・山崎のぶこ

     彼は全く料理をしたことがないのでしょう。親が必要な教育をしていなかったのかもしれないですね。あなたに同情します。最終的にやる気次第ですが、そもそもできない上に料理に興味もないでしょうから、上達は難しいのでは。(料理上手)


    ■たぶん不器用なんです。

     料理は経験と手先の器用さと味覚の鋭さが必要です。この中で、生まれつきでなく、自分で何とかできるのは経験だけ。おだてる必要はないですが、基本から正確に指示して教えていくのがよいと思います。全くの素人に一から教えるなら「このくらい分かるだろう」という考えは捨てる。教わる側の気持ちを想像すれば、イライラしなくなると思いますよ。(疲労困憊)


    ■一体何を作ってるんですか

     包丁も使えないのに作ろうとしているものが難しすぎます。そして、まだ回数も少ないです。ハムエッグやみそ汁などから始めればいいのに。野菜いためとか、チャーハンでもいいし、野菜スープだっていい。できないことをやらせているのに、おだてたってダメですよ。(ぼんみ)


    ■毎週カレー

     彼が作る時は、いつも同じものにしてもらいましょう。毎週やっていれば上手になります。おいしかったら思いっきり感動し、まずくても感謝の言葉を必ず言ってあげてください。料理自体は嫌がっていないようなので、上手に育てたらどうですか。(渋茶)


    ■できないものを無理にやらせなくても…

     人には誰にも苦手なものがあり、彼はそれが料理なのでしょう。今は本当に便利で、ごはん、お総菜がスーパーで売られていて、極端な話、電子レンジさえあれば生活できる。あなたがお仕事の日は、お総菜などを買って済ませてはいかがでしょう。(てつ)


    ■プロにおまかせ

     結婚20年です。新婚当初は夫も似たような感じでした。教えるとイライラしてけんかになるので、料理教室に通ってもらい、少しは上達しました。ただ、今は激務なので、私が料理をほぼやっています。(しお)


    ■分業制

     私の夫は料理をしません。というか、できません。手が震える症状があって、包丁も鍋も持てないからです。一方、私は大の料理好きですが、洗濯嫌いなので、我が家は完全分業制です。私は料理、夫は皿洗いと洗濯担当。掃除と買い物は週末に2人でやります。このシステムでハッピーに暮らしています。(yuzu)


    ■できる・できないではなく

     「できるかできないか」ではなく、「どれだけやろうとするか」が結婚後は重要だと思います。うちの夫も初めは本当にひどかったです。でも「家事をしよう」と努力し、今ではいくつかおいしいものも作れるようになっています。休日は、掃除、洗濯、布団干し、3食の食事、皿洗いと全部やってくれます。結婚は好き嫌いだけじゃなく、一緒にやっていけるかどうか。じっくり見極めてくださいね。(はる)

    失敗しても受け止めて

     東京・原宿で料理教室を開く鈴木博士はかせさんの話「料理が上手かどうかは、男女という性別の問題ではなく、台所に立つ母親の姿を間近で見ていたかなど育った環境に左右されると思います。苦手な人でも教えてあげれば、誰でも上達します。完全に一人に任せるのではなく、一緒に台所に立ち、簡単な作業を手伝ってもらうことから始めてください。『料理を楽しめる』ようにすること、失敗しても受け止めてあげることが大切です」

    2017年09月28日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun


    くらげっとのつぶやき
    発言小町ランキング