文字サイズ
    発言小町で話題になっている事柄を、専門家らの意見も交えながら掘り下げます。
    発言小町@新聞

    結婚したら夫に扶養されたい

    [トピ]夫に扶養されて暮らしたい

     今は、女性も資格を取るなどして自立しないといけないといった風潮がありますが、私は早く結婚して家庭に入りたいです。

     勉強は苦手ですが、料理は得意。結婚後は、給与の安い今の事務職を辞め、育児が落ち着いたらパートで家計を助けたいと思います。もし女性でも高学歴や高収入を求められたら私は結婚もできません。私のような女性が夫に扶養されて暮らすのは難しいのでしょうか。(コロコロ)


     ※トピは⇒こちら


    [レス]仕事は続けるべき/経済力が目的?/若いうちに相手探す/家事を十分務めれば

    ■難しいですね

    • イラスト・山崎のぶこ
      イラスト・山崎のぶこ

     なぜ夫に扶養されて暮らしたいのでしょう。安い給与でも、家計に入れれば夫は助かると思いますよ。結婚退職し、出産育児をしてからの就職は厳しいです。高収入の男性ほど、仕事を持つ自立した女性と結婚したいと思うかもしれません。大したキャリアでなくてもよいので、仕事は続けておくべきです。(ねこむすめ)


    ■リスクはどう考えていますか

     専業主婦を希望するのは自由ですが、そうした女性を選ぶ人は減っているのでは。今の時代、夫だけが働く家庭はリスクがあります。大会社でも倒産やリストラの可能性があるし、夫が病気になって働けなくなることも。夫と不仲になった場合も、お金がなければ、離婚も容易ではありません。(お金は大事だよ)


    ■せっかく職があるのに…

     あなたの給与は高くないかもしれないけれど、ちゃんと仕事をしている。なぜ結婚で辞めてしまう前提なんですか? 結婚後は夫婦で助け合うことが求められているのでは。夫にも育児家事をしてもらい、仕事を続けましょうよ。(フィヨルド)


    ■扶養が目的の結婚では相手はがっかりだと思う。

     経済的な面倒を見てほしいという結婚は、男性からしてみれば嫌だと思います。「自分」ではなく「経済力」が愛されているのでは、と思うでしょう。誰と結婚するか分からない段階から扶養してほしいと思うのではなく、相手を見つけた後に、二人で相談して決めてはいかがでしょうか。(CITYBOY)


    ■婚活一押し

     転勤族など、専業主婦を希望する男性もいますよ。人はそれぞれです。「夫に扶養されて暮らすのは時代に合わない」と考えなくても良いと思います。ただ、若いうちに婚活することをお勧めします。年齢を重ねて、資格もないし、養ってほしいと言っていると、結婚相手が見つかりにくくなります。(みかん)


    ■扶養に入って専業主婦してます

     主人は公務員で、子どもは2人います。新築の自宅を建設中ですが、田舎住まいということもあり、主人の稼ぎだけで生活できています。収入のしっかりした人を探されたら良いと思います。(にゃん)


    ■ありなんじゃないですかね

     夫に扶養される女性は多くいます。そうでなければ、政治家が「女性が活躍する社会」をスローガンにしないでしょう。子どもが小さい時は専業主婦で、手が離れる小学生頃からはパートに出るというケースはたくさんあります。あなたが家事をしっかり務めれば、それはアリだし、男女で家庭内の役割が違ってもいいと思います。(kiki)


    ■わかりますわかります

     私も夫に扶養されて暮らしたいアラサーOLです。結婚しても女性がバリバリ働くには、体力的にも精神的にも強くないといけないし、サポートがないと難しいなと感じています。専業主婦でいさせてくれるだけの経済力、包容力がある旦那様と出会えれば万歳ですね!(まめお)

    将来設計話し合って

     生活経済ジャーナリストでファイナンシャルプランナーの畠中雅子さんの話「夫に扶養されて暮らすかどうかは個人の自由です。ただ、今の現役世代は、雇用条件や収入などの面で厳しくなり、共働きが増加している現実があります。一方、子育て支援の制度や家事サービスは充実してきました。夫となる男性が見つかったら、子どもの教育費など将来的なことも視野に入れ、家計のやりくりについて早めに話し合ってほしいと思います」

    2017年10月05日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun


    くらげっとのつぶやき
    発言小町ランキング