文字サイズ
    発言小町のトピックから、意見が分かれるテーマについて分析。

    卵のカラザを取り除きますか?

     「カラザ」をご存じですか? 生卵の黄味の両端に付いている、白いひも状の塊です。あなたは調理するとき、カラザを取り除きますか? 気にせず調理しますか?

     いつもカラザを取っていたというハンドルネーム「aoi」さん。120人分の三色丼の調理を手伝う機会があり、卵を割る係を任されましたが、丁寧にカラザを取り除く「aoi」さんを、みんな不思議そうに見ていたそうです。「昔、家庭科で取ると習ったのに……」。疑問に思った「aoi」さんは、ほかの人はどうなのか、掲示板「発言小町」で尋ねました。

     発言小町では、カラザを取らない人が多く、「栄養がある」「面倒くさい」「調理したらわからなくなる」という意見が寄せられました。一方、取る人は「口当たりがいや」「気持ち悪い」という理由から。料理によって、取るか否かを決めるという人もいました。ツイッターで尋ねた結果でも、「取らない」という回答が半数以上でした。

     「カラザには栄養がある」という意見が気になったので、調べてみました。日本卵業協会などによると、カラザは卵黄の位置を一定に保つための組織。主な成分はたんぱく質で、「リゾチーム」という酵素が多く含まれているそうです。リゾチームは細菌を溶かす作用があり、食品の日持ちを良くするために、添加物として使用されることもあります。カラザを取り除くと、黄味が潰れやすくなるそうなので、目玉焼きを作るときは残した方がいいかもしれませんね。ちなみに、カラザを取る人のための専用スプーンが販売されています。これを使うと簡単に取り除けます。

     「卵のカラザ取りぬきますよね?」(トピ主:「aoi」さん)のURLはこちら

    2017年08月01日 15時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun


    くらげっとのつぶやき
    発言小町ランキング