文字サイズ
    発言小町のトピックから、意見が分かれるテーマについて分析。

    買い物でお釣りの額を確認する?

     お金を支払う際は金額をしっかり確認して相手に渡すものの、受け取るお釣りの額は一切確認しないというトピ主の「ろろろ」さん。先日もお釣りを多めに渡されたのに、指摘されるまで気付かなかったとか。「それなら少なく渡されていたこともあるんでしょうね」とトピ主さんはこぼし、発言小町で、お釣りを確認するかどうかを尋ねました。

     発言小町のレスを見ると、「確認する」派が圧倒的多数。ツイッターのアンケートでは、「ざっと確認する」(50%)と「しっかり確認する」(19%)を合わせて約7割となっています。

     「幸」さんは「今はスーパーでも飲食店でも、店員さんが計算することはなく、自動的にお釣りが出てくる」として、お釣りを受け取っても小銭の額までは数えないと言います。これに対して、「いくらレジの性能が良くなったと言えども完璧ではありません。駅の切符販売機で大量の小銭が出て来て、駅員が中から飛んできた事がありました」と語るのが「サーディン」さん。子供の頃、買い物に行った際にお釣りを確認しなかったことで父親に怒られた経験から、「確認するのが普通の感覚」なのだそうです。

     「pipipy」さんは、あるお店で、1360円の商品を買って5000円を渡したところ、店員に1360円をおつりとして返されたそうです。「ぼーーっとして受け取ってしまい、そのまま2、3歩歩いてはっと気がつきました。まだ財布にお金をしまってなくて、そのまま店員さんに間違っている事を言ってお金は返してもらいましたが、まるでお釣りをごまかしたクレーマー扱いのようで、ものすごくつらかったです」と振り返り、「お釣りはその場で絶対確認したほうがいいです!」と訴えます。「pipipy」さんと同様、お釣りを少なく渡された体験をきっかけに、しっかり確認するようになった人が多いようです。

     相手に悪気がなかったにせよ、お釣りを少なくもらったら、言うまでもなく自分が損をするし、多く受け取ったら、お店の側が後で困るに違いありません。やはり、お釣りを受け取る際には、金額に間違いがないか確認した方がよさそうです。

     「お釣り、確認しますか」(トピ主:「ろろろ」さん)のURLはこちら

    2018年01月30日 15時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun


    くらげっとのつぶやき
    発言小町ランキング