<速報> 稲田防衛相が辞任を表明…PKO日報問題で
    
    文字サイズ
    学校、受験など教育に関する掘り下げた記事をタイトルごとに掲載します。
    学校生活

    進学実績非公開なのに志願者殺到!謎の中高一貫校・神戸女学院

    教育ジャーナリスト 水崎真智子
     学業成績が優秀な子どもが進学先の中学・高校を選ぶ時、東大や京大、国立大医学部などへの進学実績によって評価するのが一般的だろう。しかし、その大学進学実績をあえて非公開にしている「進学校」が兵庫県西宮市にある。ミッションスクールの神戸女学院中学部・高等学部だ。英語のみならず、理数系にも強く、在校生や卒業生の話によると、国内の大学だけでなく海外の大学に進学する生徒もいるという。女子アナウンサーや医師など、各界で活躍する卒業生も数多い。関西以外ではあまり知られていない、この難関校のナゾを教育ジャーナリストの水崎氏が深読みする。

    大学合格者数ランキングに載らない超進学校

    • 毎朝、中高の全校生徒が礼拝をする講堂。定期考査の朝も、体育祭の朝も行われる(水崎さん撮影、以下同)
      毎朝、中高の全校生徒が礼拝をする講堂。定期考査の朝も、体育祭の朝も行われる(水崎さん撮影、以下同)

     東京大学合格者数ランキング、国立大学現役合格者数ランキング、医学部合格者数ランキング、果ては入学時の偏差値と大学進学実績を見る大学合格力ランキングなど、大学合格者数による高校の格付けが世間を(にぎ)わす。

     しかし、こうしたランキングは必ずしも「完全版」ではない。実は本来、掲載されるだけの高い実績を上げているのにもかかわらず、登場しない学校がある。それが神戸女学院(兵庫県西宮市)だ。学校は生徒の進学先を把握しているが、大学合格実績を非公開とし、情報提供しない。

     高校入試をしない中高一貫女子校で募集定員はわずか135人。創立141年の歴史を持つキリスト教主義学校だ。西日本最難関、全国でも難関校のひとつに数えられる狭き門に、毎年多くの受験生が第一希望として挑んでいく。

     神戸女学院中学部・高等学部は、どうして多くの受験生を()き付けるのか、その理由を探っていく。

    「才色兼備」! 女子アナウンサーを多数輩出

    • 小正裕佳子さん
      小正裕佳子さん

     大学合格実績を公表しなくても、卒業生たちの活躍は伝わる。なかでも女子アナウンサーは憧れの職業のひとつとして、伝播(でんぱ)力が強い。

     日本テレビの「ニュースZERO」で新しくキャスターを務める小正裕佳子さんは、東京大学に進学し、ミス東大に選ばれた才媛だ。テレビ東京の看板アナ・大橋未歩さんは上智大学、NHK「あさイチ」でお馴染(なじ)みだった西堀裕美さんは京都大学へ進学し、アナウンサーに。

     女性アナウンサーだけではない。50万部突破のベストセラーを持ち、読売新聞の健康・医療サイト「ヨミドクター」でも人気コラムを連載中の産婦人科医、宋美玄(そんみひょん)さんも卒業生のひとりだ。医学部に進学する生徒は、昔から一定数いる。

     神戸女学院中学部・高等学部を経て、難関名門大学へと進学し、卒業後、社会で(きら)びやかに活躍する数多くの先輩たち。女性も自立できる仕事を持つことが重視されるようになった今、その様子は女子の保護者に頼もしく映るだろう。

     神戸女学院に近い西宮市に本部を置き、幼児教育から現役大学受験予備校まで展開する「アップ教育企画」(ベネッセグループ)執行役員の小南達男さんは、保護者の意識変化を次のように指摘する。

     「我が子に良い学歴をつけてあげても将来の幸せの保証には不十分であると感じ、点数や偏差値で測ることのできない力を、どうやって伸ばしてあげるかにも目を向ける保護者が増えています」

     女子にとっても、人生のゴールは有名大学合格ではない。我が子のロールモデルとなる憧れの先輩たちの存在は、学校の大きな魅力のひとつとなっている。

    2016年05月23日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun