文字サイズ
    学校、受験など教育に関する掘り下げた記事をタイトルごとに掲載します。
    スクールデイズ

    「ワイルド」な野球部員…スギちゃん

    聞き手・朝来野祥子

    お笑いタレント

    • スギちゃん(池谷美帆撮影)
      スギちゃん(池谷美帆撮影)

     愛知県一宮市で、3人兄弟の末っ子として生まれ育ちました。野球好きの一家で幼い頃から父親や兄と自宅の庭でキャッチボールをしたり、壁にボールを当ててゴロを捕る練習をしたりしていました。

     おかげでショートバウンドを捕るのがとてもうまくなり、地元の市立中学校では、軟式野球部に入りました。顧問の先生から、「この杉山(スギちゃんの本名)のボールの捕り方のうまいこと。みんな見習え」と褒められたほどで、守備には自信がありました。

     ただ、野球部の先輩はとても厳しく、1年生の時は、練習で一人でもミスをすると全員で校庭を何周も走らされました。喉がかわいたら「バケツに入った水を飲め」と言われても、ぼくは平気でガブガブ飲んでいました。当時から「ワイルド」でしたからね。

     小学生の時から他人を笑わせるのが好きで、将来はお笑いタレントになりたいと思っていました。中学1年の体育祭の応援合戦では、セーラー服を着て応援。坊主頭とのギャップがうけて学校の人気者になりました。野球部の練習で球拾いをしていると、テニス部の女子生徒たちが手伝ってくれましたよ。

     中学の野球部では内野手を務め、進学した県立高校でも野球部に所属しましたが、ポジションは内野から外野に移されました。肩が弱く手も小さいので速い球を投げられず、持ち味が発揮できなかったと思います。投げた球が山なりになって、相手チームに笑われたこともありました。それでもランニングや素振りなど人一倍練習しました。

     高校卒業後、2年ほど会社勤めをし、その後、お笑い養成所に入りました。好きな野球に打ち込み、好きなお笑いの道に進んで。ぼくの人生はこの二つしかやってないと言ってもいいかもしれません。

     野球からは、努力や、仲間が結束することの大切さなどを学びました。負けん気の強さも身につきました。今の仕事は、厳しさを味わうことも多いですが、野球と同じように気の持ちようで試合をひっくり返せる。そう信じて挑戦し続けています。(聞き手・朝来野祥子)

    プロフィル
    スギちゃん
     1973年、愛知県生まれ。95年デビュー。2012年、ひとり話芸の日本一を決める大会「R―1ぐらんぷり」で準優勝。決めぜりふの「ワイルドだろぉ」は「2012ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞に選ばれた。教育番組「さんすう犬ワン」(NHK・Eテレ)などに出演。

    (2016年6月2日付読売新聞朝刊掲載)

    2016年06月06日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun