文字サイズ
    学校、受験など教育に関する掘り下げた記事をタイトルごとに掲載します。
    子育て・生活・文化

    日本人はなぜ家族に「こんにちは」と言わないのか

    国立国語研究所・広島大学名誉教授 迫田久美子
     家族に向かって「おはよう」と言うのに、「こんにちは」と言わないのはなぜ――。日本語を学ぶ外国人たちの素朴な疑問や、ありがちな間違いの背景に、実は日本語ならではの特性が隠れているという。私たちがふだん、当たり前のように使っている日本語の知られざる一面に、国立国語研究所、広島大学の迫田久美子名誉教授が光を当てる。

    「ワリバシになりたい」

     「将来、日本と私の国のワリバシになりたいです!」「先生、もう少しびっくり話してください」――。日本語を勉強する外国人は、さまざまな間違いをします。上記の例では「架け橋」や「ゆっくり」の間違いだとすぐにわかりますが、「先生、コーヒー、飲みたいですか?」「先生、コピーしてほしいですか?」などの表現は、文法的には間違いとはいえません。しかし、年下の人などにこう言われると、少し不快に感じる人もいるのではないでしょうか。

     その理由は、丁寧さに問題があるためなのですが、では、「どんな問題なのですか?」と質問されても、明確に答えることは難しいと思います。一方、日本語を学ぶ外国人からは、こんな質問も受けます。「『おはよう』は家族に使うけど、『こんにちは』は使わない。なぜですか?」。皆さんなら、どう答えますか。

     こうした外国人の日本語に対する疑問や誤用の背景などに考えを巡らせると、日本語のある特徴が浮かび上がってきます。ふだん何気なく使っている私たちの母語の不思議さと奥の深さを、一緒に探ってみましょう。

    「飲みたいですか?」にイラっとする理由

     まず、「先生、コーヒー、飲みたいですか?」「先生、コピーしてほしいですか?」といった表現について考えましょう。

     「~たいですか」や「~ほしいですか」は、願望疑問文と呼ばれ、一般的には年上の人やあまり親しくない人に使うと失礼になります。それは話し手が、聞き手の感情領域に踏み込んでしまうと考えられるからです。元来、「~たい」や「~ほしい」は、話し手に関してしか使えない表現です。

    × 彼は外国へ行きたい(→行きたがっている)

    〇 私は外国へ行きたい

     英語の「Do you want to~?」はよく使われますが、正しい日本語表現では、聞き手が年上の人や親しくない人の場合、その感情をこちらが推し測って言語化するのは失礼になるのです。

    【あわせて読みたい】
    ことばの限界に挑む!国語辞典の熱過ぎる舞台裏
    東北ことばも九州弁も…世界で見つけた「ニホンゴ」
    「オノマトペ」をあなどれない三つの理由
    来日外国人と話す一番簡単な方法
    「マクる?」「り」…中高年を煙に巻く若者の略語

    2017年03月13日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun