文字サイズ
    学校、受験など教育に関する掘り下げた記事をタイトルごとに掲載します。
    スクールデイズ

    頭脳野球でレギュラー…片岡安祐美さん

    茨城ゴールデンゴールズ 選手兼監督

    • 片岡安祐美さん(大石健登撮影)
      片岡安祐美さん(大石健登撮影)

     父が野球好きで、幼いころからテレビの野球中継をよく見ており、高校生になったら甲子園でプレーしたいと思っていました。小学校から高校時代、女子では例外的に野球部に所属しました。

     小学3年生のとき、「部活動で野球をやりたい」と両親に伝えたところ、「女の子なんだから」と反対されました。私は放課後に走り込みをしたり、父のバットで素振りをしたりしてアピールし、母が学校に頼んで入部が認められました。初打席でライト前ヒットを放った私は5年生の秋にレギュラーになりました。

     中学の野球部では体格や体力で男子にかなわないことが悩みでした。「頭を使った野球をしよう」とのコーチのアドバイスを受け、本塁打など目立つ活躍ができなくても、サイン通りのプレーができればチームに必要不可欠な選手になれると考えました。本やテレビなどで戦術を学び、2年生の秋にはレギュラーの二塁手になっていました。

     熊本県立熊本商業高校の野球部に入ったときは、女子が甲子園に出場できないことを知っていました。それでも男子部員と一緒に練習し、チームを強くして甲子園に行くことを目標にしました。最初はキャッチボールの相手を探すのも大変でしたが、男子と同じ練習をこなすうちに仲間として受け入れられました。

     でも、チームの甲子園出場はかないませんでした。

     私は部活とは別に女子野球の世界大会に出場しており、高校卒業後は茨城GGに入団しました。同時に茨城県の流通経済大学に入学し、夜間や休日を野球の練習にあてながら、日中は大学で勉強し商業の教員免許を取得しました。教員になって野球部の監督になれば甲子園に行けるかもしれないと考えたからです。

     茨城GGで萩本欽一さんから監督に指名された時、「たくさん失敗しなさい、そしてかわいがられる監督になりなさい」と言われました。甲子園の夢は今のところお預けですが、恩師や仲間に感謝しながらグラウンドに立っています。(聞き手・朝来野祥子)

    プロフィル
    かたおか・あゆみ
     1986年、熊本県生まれ。高校卒業後、萩本欽一さん率いる社会人野球のクラブチーム「茨城ゴールデンゴールズ(GG)」に入団。2011年から選手兼監督を務める。7月に「『泣き虫監督』片岡安祐美流 チームの育て方」(生産性出版)を刊行予定。

     (2017年6月8日付読売新聞朝刊掲載)

    2017年06月15日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun