文字サイズ
    学校、受験など教育に関する掘り下げた記事をタイトルごとに掲載します。
    スクールデイズ

    音楽で表現する道開く…石丸幹二さん

    聞き手・朝来野祥子

    俳優、歌手

    • 石丸幹二さん
      石丸幹二さん

     愛媛県で生まれ、幼稚園の時に千葉県へ移り、高校まで市原市で過ごしました。

     幼い頃からピアノを習い、小学校の鼓笛隊の小太鼓をきっかけに、さらに楽器にひかれました。運動会での演奏に充実感を覚え、ほかの楽器もやってみたくなったのです。

     中学校の吹奏楽部でサクソフォンやオーボエを担当。クラシックを聴くようになり、音楽の世界が広がりました。

     進学した県立幕張西高校(現幕張総合高校)は、開設2年目で音楽教育に力を入れていました。管弦楽部や音楽を専門に学べるコースがあり、チェロの個人レッスンにも通いました。チェリストに憧れましたが、音楽大学に入れる実力はない、と痛感しました。何とか音楽の道に進もうと、サクソフォンで東京音楽大を受験し、合格しました。

     大学入学後、運命的な出会いがありました。テレビで見たソプラノ歌手、ジェシー・ノーマンの表現力に「これが自分のやりたいことだ」と気づいたのです。再び勉強して東京芸術大の声楽科に入学しましたが、指導役のオペラ歌手の体や声がものすごく大きい。「とんでもない道に入った」と内心慌てました。「世界3大テノール」の一人、プラシド・ドミンゴの声を近くで聴き「自分にオペラの道はない」と悟りました。

     音楽で感動を伝えたいという思いが消えず悩んでいると、先輩が劇団四季を教えてくれました。ミュージカルを見たことはありませんでしたが、やりたいことがそこにあるような気がして、大学3年のときに一か八かでオーディションを受けました。

     芝居の経験はなく、人前で踊るのも苦手でしたが、地獄のような特訓を受け、演技に向き合いました。大学4年で初めて公演に出て、卒業後も活動を続けました。

     学生時代はとにかく音楽で何かを表現したいと、もがいていました。挫折もありましたがその結果、新たな道が開け、自分の力を発揮できる表現方法を見つけた気がします。これからも挑戦する気持ちを忘れず、新たな役に挑んでいきたいと思います。

    プロフィル
    いしまる・かんじ
     1965年生まれ。大学在学中に劇団四季に入団し、「オペラ座の怪人」など出演多数。退団後、大ヒットドラマ「半沢直樹」で主人公の敵役を好演した。11月13日から大阪、20日から東京で上演されるミュージカル作品「スカーレットピンパーネル」で主演を務める。

    (2017年10月5日付読売新聞朝刊掲載)

    2017年10月09日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun