文字サイズ
    学校、受験など教育に関する掘り下げた記事をタイトルごとに掲載します。
    スクールデイズ

    ピアノが壁を越える力に…渡辺蘭さん

    聞き手・石川純

    気象予報士

    • 渡辺蘭さん(安斎晃撮影)
      渡辺蘭さん(安斎晃撮影)

     父は外交官で、中学2年までは国内外で何度も引っ越しました。米国のハワイで生まれ、3歳頃にソ連(当時)へ。幼稚園の途中から小学5年までは日本に住みましたが、埼玉県から千葉県、再び埼玉県へ移りました。

     母はピアノ講師で、物心ついた頃から私も毎日の練習が当たり前。将来はピアノの先生か演奏家になる、と思っていました。その考えが変わるきっかけは、小5から中2まで過ごした豪州西部の都市、パースでの生活です。

     現地の学校で日本人は私だけ。先生や級友が話していることはほとんどわかりませんでした。でも、周りからディズニーのアニメや、当時大人気だった歌手、マライア・キャリーの曲など頼まれるままに即興で弾き、学校に溶け込むことができました。

     学校は「自分の主張をすることが大切」と教えていて、授業も生徒の発言が多く、活気がありました。日本と異なる考え方や物の見方に接し、将来もピアノだけではないと思うきっかけになりました。

     帰国後は、桐朋学園の中学に編入し、高校、大学は音楽科と音楽学部でピアノを専攻しました。高校では、指のけがを避けるために体育の授業でもやわらかいボールを使うなど、音楽が最優先でした。

     高校3年から大学にかけては芸能事務所に所属し、テレビドラマなどに出演しました。ピアノ以外の道を探っていたのかもしれません。周囲に優秀なピアニストが多く、ピアノだけで食べていくのは難しいと自覚していました。

     英語力を生かそうと、就職は航空会社の客室乗務員に決めましたが、当時はキャリアアップが難しい職場で、2年ほどで辞めました。生涯続けられる仕事がしたいと思い、お天気キャスターになったのです。気象予報士を目指して猛勉強を始めましたが、毎日ピアノを練習していたおかげで苦にはなりませんでした。

     いつかまた、音大でピアノを学び直したいと思っています。将来、天気をテーマにした楽曲を集めたコンサートを開いたり、楽曲集を編集したりできればいいな、と考えています。

    プロフィル
    わたなべ・らん
     1983年、米国・ハワイ州生まれ。日本航空の客室乗務員などを経て、気象予報士に。現在、NHK総合「ニュース7」(土日祝日)の気象情報を担当。4月7日からはNHK総合「週刊まるわかりニュース」(毎週土曜)の気象情報を担当する。

    (2018年3月15日付読売新聞朝刊掲載)

    2018年03月19日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun