文字サイズ
    教育に関する様々な話題を随時紹介、解説します。

    大学付属校への幻想…「のんびり6年間」とはいかない?

    「進学レーダー」編集長 井上 修

     「(わが子には)10代の多感な時期を、受験に煩わされることなく、伸び伸びと過ごしてほしい」。そうした保護者の願いを背景に、根強い人気を誇る中高一貫校。さらに、大学の付属系ともなると、中高大の10年間、受験なしで過ごすことができる。私学なので学費は余計にかかるが、受験に備えての塾通い(費用)は不要なので、その分、だいぶ相殺できる。なんだか、すごく魅力的に見える大学系付属校なのだが、実は意外な落とし穴が……。私学の学校事情に詳しい中学受験誌「進学レーダー」編集長の井上修氏が、注意を喚起している。

    大学への内部進学率が7割以上

    • 慶應義塾普通部。ここは中学3年間のキャンパス
      慶應義塾普通部。ここは中学3年間のキャンパス

     中学受験で志望校を決めようと思ったとき、多くの保護者の脳裏にすぐ浮かぶのは大学名が冠された付属の私立校だろう。特に、早稲田、慶應義塾、いわゆるMARCHと呼ばれる明治、青山学院、立教、中央、法政などの大学系の学校は高い人気を誇っている。

     例をあげれば、慶應義塾中等部の2015年入試での倍率は男子で5.9倍、女子で8.1倍だし、実際の難易度も早稲田慶應系だと日能研のR4(合格可能性80%)偏差値で60を下回らない。ちなみに、慶應義塾中等部の男子は64、女子は68で、女子では女子学院と同じ偏差値となる。また、これらの付属校は、概して大学への内部進学率が7割以上と高い(他大学進学志向が強い早稲田中高などは例外)。

     このような内部進学率の高い付属校に対して、その志望理由を保護者にうかがうとしばしば返ってくるのが、「一度入学してしまえば、大学まで入試なしで進学できるので楽だ」とか「うちの子どもは勉強しないので、伸び伸びとした付属校に入れたいんです」などという理由だ。実はここに、付属校に対しての、保護者サイドの幻想もしくは勘違いがあり、この理由はまったく現実に即していない。

    大学で中心になって活躍する人材を育成

     まず、各大学法人が、なぜ付属の中学・高校を有しているかを考えてみたい。単なる入学生の確保、つまり大学定員の充足という理由だけではないのだ。それが理由ならば、大学広報などを充実させれば事足りることも多い。では、わざわざ付属校をつくり、時間と手間と費用をかけて中高大一貫教育を行うのはなぜか。

     実は、付属の中学・高校で育った生徒に大学で中心となって活躍してもらいたいからなのだ。付属中高から内進してきた生徒たちこそ、その学校で長く学び各私学の理念をもっとも深く体得しているはずである。そんな彼らにこそ、私学の旗手となり、がんばってもらいたいのだ。

     そのために、各付属校では、大学に進学した際に必要とされる力を中学・高校でじっくり育てるプログラムを実践している。具体例を揚げると、「語学教育(特に英語)の充実」「論文作成能力の育成」「豊富な実験・調査の展開」「行事やクラブを通してのコミュニケーション力の育成」などだろう。ゆえに、英語など語学の資格取得、多くのリポート作成、そして通常の各教科の課題など、生徒たちは付属校でとても忙しい日々を送ることになる。

     さらに、とくに付属色の強い(つまり内部進学率の高い)大学系校では、付属であることを生かして現在、高大連携、いや中高大連携教育を推進している。具体的には、大学の教員による高校での授業(大学の単位に認定してくれる学校もある)、大学図書館の共用などだ。

     つまり、大学までエスカレーター式なのでのんびりと6年間、いや10年間を送れると思ったら大間違いなのである。

    2015年10月27日 11時08分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    アーカイブ