文字サイズ
    教育に関する様々な話題を随時紹介、解説します。

    変わる保護者と学校…教育ルネサンスで情報募集

    • 東京都文京区の関口台町小学校では、保護者らがオーケストラを結成し、親睦を深めている(2015年12月中旬)=佐々木紀明撮影
      東京都文京区の関口台町小学校では、保護者らがオーケストラを結成し、親睦を深めている(2015年12月中旬)=佐々木紀明撮影

     読売新聞朝刊教育面の長期連載「教育ルネサンス」では、2月中旬から「保護者と学校」をテーマとした連載を開始します。これを機に、皆さまから保護者と学校・教員との関係、PTA活動などに関する情報やご意見を募集します。

     今、保護者と学校の関係が「進化」しています。役員などのなり手がいなくて困るPTAが多いなか、コンサルタント会社に勤めるPTA会長が、自らPTA改革に乗り出した小学校があります。一方で、PTA活動を通じて親睦を深め、地域の人も巻き込んでオーケストラを結成した保護者もいます。

     連載では、特色ある活動をリポートするほか、来年度から小中学校に設置される「地域学校協働本部」につながる事例などを紹介し、様々な角度から、保護者と学校のかかわりを考えていきます。

     保護者と学校について、具体的なエピソードや身近な実践例をご紹介ください。

    また、保護者と学校の関係はどうあるべきか、課題は何かなど、ご意見をお送りください。

     郵便番号、住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記し、〒100-8055 読売新聞東京本社教育部へ。

     ファクスは03・3217・9908
     メールはkyouiku@yomiuri.com
     にお送りください。

     了解を得た上で、事例などを紙面で紹介させていただく場合もあります。

     たくさんの情報、ご意見をお待ちしています。

    2016年01月26日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun