文字サイズ
    企業の新人社員採用のポイントを人事担当者から聞きます。

    未知の分野を楽しもう…東京建物

    人事グループリーダー 大柄光司さん 43

    • 大柄光司さん
      大柄光司さん

     全国で都市開発やビル・商業施設の運営、「ブリリア」のブランド名で知られるマンションの分譲などを展開している不動産会社です。東京・池袋に高層マンションを建てたり、東京駅前で市街地再開発を進めたりしています。

     グループ企業と連携し、リゾートホテルの運営や中国を主とした海外事業などにも取り組んでおり、連結売上高は2600億円(2015年12月期)になります。

     今後も新規事業を積極的に進めていくため、未知の分野に楽しみながら挑戦できる人材を求めています。また、市街地やマンションの開発はスケールが大きくて華やかな半面、地権者との交渉など地道な仕事がたくさんあります。そうした業務をコツコツこなす真面目さも必要です。

     採用は、幅広い業務を担当する「総合職」と、主に住宅販売を担う「住宅総合職」に分けて行っています。新入社員一人ひとりに若手社員が「カウンセラー」として付き、指導や助言にあたります。育児休業や介護休業は最大3年間可能など、社員が働き続けられる制度を充実させています。

     面接では、入社して何がやりたいのか、しっかり仕事ができる人なのか、確かめたいと思っています。当社に合わせた志望動機を作ってくる学生がいますが、そんな必要はありません。学生時代に力を入れたことなどを自信を持って話してほしいですね。(聞き手・伊藤史彦)

    ■新卒採用者数 ■3年以内離職率 ■平均勤続年数
    男10人 女4人
    (2016年度)
    0%
    (12、13年度新卒)
    男11.0年 女7.4年
    (15年12月)

     1896年設立。売上高1534億円(2015年12月期)。従業員571人(男431人、女140人、平均年齢41.0歳=15年12月)。本社は東京都中央区。エントリーシートの提出、適性検査、複数回の面接などを実施。

     (2017年1月17日の読売新聞朝刊に掲載)

    2017年01月17日 10時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun