文字サイズ
    「生協の白石さん」として知られる大学生協職員が、大学生活全般についてアドバイスします。

    「ヘルシー」楽しむ仕掛け

    • イラスト・池田亮
      イラスト・池田亮

     大学生協の店舗に並ぶ飲料品を見ると、学生の嗜好しこうが変化していることに気付かされます。顕著な特徴としては、健康志向なもの、または身体機能の向上・促進をうたうものが多くなってきていることです。

     学生からは「豆乳の種類を増やして」「野菜ジュースを切らさないで」「プロテイン熱烈所望」などの声が目立ちます。「(おいしいから)食べたい」のではなく、「(身体のために)摂取したい」という思いが先にあるようです。

     豆乳や野菜ジュースは、私が学生のころからあったはずですが、今ほど多くの種類はなかったし、そもそも手を伸ばしていたでしょうか。

     最近のセール時に、通常は8種類ほどの豆乳を試しに18種類に増やしたところ、予想以上の売れ行きでした。プリン味、杏仁豆腐あんにんどうふ味、焼き芋味など、もはや豆乳なのか何なのかよくわからない個性あふれるテイストもありました。

     ところが、学生からは「仲間のみんなで全種類制覇しました」という、コレクター魂に火をつけたと思われる報告があったのです。

     健康志向も良いですが、こういう声をいただくとホッとします。今後も楽しくヘルシーなライフスタイル提案に向け、日々情報を“摂取”していく所存です。(白石昌則・東洋大生協白山店長)

    2017年09月05日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun