文字サイズ
    「生協の白石さん」として知られる大学生協職員が、大学生活全般についてアドバイスします。

    パソコン不慣れでも大丈夫

    • イラスト・池田亮
      イラスト・池田亮

     今や多くの大学に無線LANの環境が備わっています。学生の皆さんはパソコンを使い、サイトから履修登録をし、メールにファイルを添付してリポートを提出していることでしょう。

     例年、大学生協はパソコンを購入した新入生向けの講習会を開いています。私が十数年前に講習会スタッフとして携わった時は、初めてパソコンに触れる学生も多かったようで、セットアップやタイピングの補助などで、参加者のお手伝いをしたものです。

     その後、家庭や学校でパソコンに触れる機会が広がったこともあり、「ブラインドタッチ」が私よりはるかに速い方もいるほど学生の習得度が上がりました。講習会の内容も表計算ソフトの使い方など、難易度が高くなりました。

     しかし、ここ数年、パソコン操作に慣れていない参加者が再び増えています。大文字と小文字を切り替える操作など、お困りの内容にリバイバル的な懐かしさを感じます。

     新入生に聞くと、スマートフォンならばっちり使いこなせるとのこと。新しい機器の普及により、多くの方は家庭などでパソコンに触れる機会が少なくなっているのでしょう。

     大学在学中に、一定程度、使いこなせるようになります。お心当たりのある方もご安心ください。(白石昌則・東洋大生協白山店長)

    2018年01月02日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun