文字サイズ
    就活生に向けたメッセージを語る著名人の色紙などを、抽選で大学生にプレゼントします。
    これから社会に出るあなたへ

    夢への道 一つじゃない 「未来食堂」店主・小林せかいさん

    • こばやし・せかい 1984年、大阪生まれ。東京工業大理学部卒。会社勤めなどを経て、2015年9月、東京都千代田区に「未来食堂」を開業。
      こばやし・せかい 1984年、大阪生まれ。東京工業大理学部卒。会社勤めなどを経て、2015年9月、東京都千代田区に「未来食堂」を開業。

     読売新聞の朝刊で、毎週第1火曜日が3ページの拡大版になった「就活ON! SPECIAL」。

     12月のトップページは、東京・神保町で「未来食堂」という食堂を経営する小林せかいさんのインタビューを掲載しました。小林さんは大学卒業後、会社勤務などを経て、2年前に未来食堂を開業。普通にお金を払って食事をすることもできますが、お店の手伝いをすれば定食代金が無料になるなど、ユニークなシステムを導入しました。

     インタビューで小林さんは、食堂を開業した経緯や、仕事に対する考え方を語ったほか、就活生に「選択を誤ったら途中で軌道修正すればいい」というメッセージを送ってくれました。

     また、見開き面では、「自己分析やってる?」と題し、自分に向いた業界や職種を探しやすくする自己分析の方法を特集。実際に3年生に自己分析に取り組んでもらいました。これまで漠然としていた自分の長所や価値観などを把握していく様子がわかります。先輩の体験や専門家のアドバイスも掲載しています。

    (読売新聞12月5日朝刊に掲載)

    「就活ON! SPECIAL」新聞、学生に無料配布

     拡大版は掲載月の中旬ごろから、一部の大学のキャリアセンターや大学生協で、在学生に配布します。自分の大学で配布されていない場合は、就活取材班(shu-on@yomiuri.com)までご連絡ください。また、ツイッターフェイスブックの「読売新聞 就活ON!」では、紙面以外の情報も発信しています。ぜひご登録ください。

    2017年12月12日 05時23分 Copyright © The Yomiuri Shimbun