文字サイズ
  • 福岡 宗像・福津市の水道事業、北九州市が請負方針(2015年08月30日)

     北九州市は、宗像、福津両市でつくる宗像地区事務組合(組合長=小山達生・福津市長)から水道事業を請け負う方針を決めた。給水や水道料金の徴収、浄水場の管理などの代行を検討しており、市議会9月定例会に関連議案を提出する。北九州市によると、地方公共団体間で水道事業を包括的に委託するのは珍しいという。 [全文へ]

  • 佐賀 気象大学校、佐賀県が誘致名乗り(2015年09月01日)

     東京一極集中是正のため、政府が首都圏に集中する関係機関の地方移転の提案を募集したことを受け、県は31日、気象大学校(千葉県柏市)と、独立行政法人「医薬基盤研究所薬用植物資源研究センター筑波研究部」(茨城県つくば市)の県内移転を政府に提案した。人口減少が進む中、高等教育施設と研究機関の誘致で新産業を創出し、人口流出の抑制や地域の振興につなげたい考えだ。 [全文へ]