文字サイズ
    • スペースワールド跡地 イオンの新業態施設検討(2017年04月26日)

       今年末で閉園する北九州市八幡東区のテーマパーク「スペースワールド」の跡地活用を巡り、土地を所有する新日鉄住金(東京)は25日、流通大手イオンの子会社「イオンモール」(千葉市)と優先的に交渉し、ショッピング機能に「エンターテインメント」「カルチャー」「食」を融合させた新業態の複合施設建設を検討していることを同市と福岡県に報告した。 [全文へ]

    7月から熊本県内での運行を始める「あそぼーい!」(JR九州提供)
    あそぼーい!熊本県内での運転再開へ [記事へ]
    スマートフォン版九州発